覆面パトカーなどのナンバープレートは決まっているの?

覆面パトカー

覆面パトカーの見分け方としては、「採用例の多い車種」、「アンテナや上下2段式のルームミラーが装備されている」、「ヘルメットを被った2人組が前席に乗っている」、「リヤがスモークガラス」などがある。では、ナンバープレートの表記に法則はあるのだろうか?

文・塚田勝弘

Chapter
安全運転が大前提だが…
覆面パトカーの車種に決まりはある?
ナンバープレート表記では分からない!?

安全運転が大前提だが…

2019年の「春の全国交通安全運動」は、統一地方選挙のスケジュールの関係から4月上旬ではなく、5月上旬に行われる。取り締まりが強化される週間だから気をつける、同週間が終わればOK、ということはもちろんなのだが、些細な不注意などで御用となるのは避けたい。

ゴールデンウィークや夏休みなどで高速道路を使う機会も多くなると、交通取り締まりでポピュラー(?)な速度超過にも気をつけたいところ。最近は、一般道などに設置される神出鬼没な移動オービスも話題になっているが、高速道路では、白黒パトカーとともに速度超過で気をつけたいのが覆面パトカーだろう。

覆面パトカーの車種に決まりはある?

覆面パトカーの見分け方としては、まず車種で、トヨタ・クラウンやマークX、スズキ・キザシ、レガシィB4、日産スカイラインやティアナなどの国産セダンが圧倒的に多い。

そのほか、県警単位で導入しているスポーツカーなどセダン以外もある。車種に加えて、アンテナや上下2段式のルームミラー、ヘルメットや帽子を被った乗員が2人前席で座っている、リヤガラスがスモークガラスなどの場合は、間違いなく覆面パトカーだろう。

<次のページに続く>
次ページ
ナンバープレート表記では分からない!?