みんな、四角いクルマが好きだなぁ…スズキ ジムニー【工藤貴宏の一生モーターボーイ!】

スズキ ジムニー 2019

「これは人気が出そうだ。」発売の1年も前にメディアを賑わわせたスクープ写真を見てそう直感したが、正直に告白すると、発売するやいなや新型ジムニーがこれほどまでに人気を集めるとは思っていなかった。いや、メーカーのスズキだってここまでの盛り上がりは考えていなかったのだろう。なにせ、デビュー直後の納期は1年待ちとか1年半待ちというレベル。人気が爆発するとわかっていたら、スズキは事前に何らかの対策をとったはずだけど、増産がアナウンスされたのは発売から半年近くたった後なのだから。

文・工藤貴宏

新型ジムニーにはある”ロマン”

そしてなにより、新型ジムニーにはロマンがある。高い悪路走破性が自慢だが、買う人みんながそれを求めているわけではない。むしろその存在感や筋の通ったクルマ作り、そして何より独特の雰囲気に魅力を感じているのだ。

「ゴツいオフローダー」というファッションとして惹かれるのである。「エア・ジョーダン」だって機能性に優れたスポーツアイテムだけど、買った人のほとんどはバスケットをするために履くわけではない。あくまでもファッションなのだ。

いいじゃないか、欠点が多くたって。実用性が低くて、高速走行が苦手だって。高い悪路走破性が一般ユーザーには宝の持ち腐れすぎたとしたって。それを上回る魅力があるのだから。 

もっとも、オフロードカーの世界にはこんな売れ方をするモデルがいくつか存在する。クラシカル(というかクラシック)なデザインに、本格的なオフロード用のメカニズムを組み合わせたランドローバー「ディフェンダー」やメルセデス・ベンツ「Gクラス」だ。

ジムニーは、ジャパニーズ「ディフェンダー」であり、身近な「Gクラス」なのである。

それにしても、みんな本当に四角いクルマが好きだなぁ。

工藤 貴宏|くどう たかひろ

1976年生まれの自動車ライター。クルマ好きが高じて大学在学中から自動車雑誌編集部でアルバイトを開始。卒業後に自動車専門誌編集部や編集プロダクションを経て、フリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。心掛けているのは「そのクルマは誰を幸せにするのか?」だ。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジン搭載のマツダCX-5。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。

工藤 貴宏