予算感500万円でねらえる輸入スポーツカー5選

フォルクスワーゲン新型ポロGTI 試乗会

輸入車のスポーツカーというと、1000万円以上もするスーパースポーツを思い浮かべてしまいがちだが、ホットハッチなどと呼ばれるスポーティなモデルも昔から存在している。比較的手ごろな200万円台のホットハッチから最新のマッスルカーまで、500万円の予算感で購入できる輸入スポーツカーをピックアップしてみよう。※価格は消費税8%込み

文・山本晋也

Chapter
ルノー トゥインゴGT:229万円
アバルト595:299万円
フォルクスワーゲン ポロGTI:348万円
ミニ 3ドアJCW:432万円
シボレー カマロ:529万2000円

ルノー トゥインゴGT:229万円

ルノーのモータースポーツ部門である「ルノー・スポール」が手掛けたホットハッチは、メガーヌやルーテシアといった上級モデルにも存在しているが、手の届く価格面やリア駆動であることからトゥインゴGTに注目したい。

ルノー・スポールがチューンした0.9L3気筒ターボエンジンは最高出力80kW、最大トルク170Nmを発生する。RR(リアエンジン・リアドライブ)ならではの前後軸重の良さや17インチタイヤでグレードアップしたシャシーが生み出すハンドリングの楽しさは、他のルノー・スポール車がFWDであることを考えると、トゥインゴだけの特権といえる。メーカー希望小売価格は5 速MT車が229万円、6 速EDC車は239万円。

アバルト595:299万円

フィアット系のスポーツブランド「ABARTH(アバルト)」は、フィアットのチューニングバージョンではなく、あくまでもアバルトのモデルという位置づけ。

現在、日本で正規販売されているのは、フィアット500と共通ボディの「595」系と、マツダ・ロードスターとプラットフォームを共有する「124スパイダー」というラインナップになっている。

ベーシックな「アバルト595」が搭載するのは最高出力107kW、最大トルク180Nmの1.4Lターボエンジン。車両重量は1110kgと軽量ゆえに十分以上に刺激的な走りを見せる。変速機は5速MTと5速AMTの2種類。5速MTでは、より自然なペダル操作が楽しめる左ハンドルを選ぶこともできる。メーカー希望小売価格は5速MTが299万円、5速AMTが320万円。

<次のページに続く>
次ページ
フォルクスワーゲン ポロGTI:348万円