世はコンパクトSUV時代!? 今買いたいコンパクトSUV5選

マツダ CX-3 2018

2002年に登場したポルシェのカイエンが火付け役になって、2000年代から世界的にSUVがブームに。その流れは、今やA~Bセグメントのコンパクトクラスにまでやってきています。各メーカーから発売されるSUVモデルは、ハッチバックやミニバン以上に個性的なものばかり。そこで、「今買いたいコンパクトSUV」と題して、5車種をピックアップしてみました。

文・木谷宗義

Chapter
スズキ クロスビー
マツダ CX-3
ジープ レネゲード
フィアット 500X
DS 3クロスバック

スズキ クロスビー

軽自動車のハスラーを一回り大きくしたようなデザインで人気のクロスビーは、Aセグメントの5人乗りSUV。ボディサイズは、全長3,760mm×全幅1,670mm×全高1,705mmとSUVの中では異例にコンパクトで、都市部での扱いやすさが光ります。

イグニスやソリオのメカニズムを流用して開発されたものですが、ヒルディセントを含めた4モードを持つ4WDシステムにより、走破性もなかなか。パワートレインは、1.0L直噴ターボ「ブースタージェット」エンジンに、加速をアシストするISG(モーター機能付発電機)を備えたマイルドハイブリッド。

ホワイトまたはブラックの2トーンルーフに、さらにイエローやオレンジのアクセントを追加した3トーンコーディネートも選べる幅広いカラーバリエーションも魅力的です。価格は176.6万円~。

マツダ CX-3

マツダ CX-3は、アウトドアよりも都市部での使用に重きを置いたBセグメントのクロスオーバーSUV。マツダ車に共通する鼓動デザインが採用されたエクステリアは、アテンザやCX-5など同社のような雰囲気を持っています。

発売当初、1.8Lクリーンディーゼル「SKYACTIV-D」だったパワートレインは、2.0L「SKYACTIV-G」ガソリンエンジンも選べるように。どちらのエンジンも、6ATだけでなく6MTが選べるため、MT好きな方におすすめしたい1台です。

定期的に発売される特別仕様車も見逃せないところ。2019年2月現在ラインナップされる「20S Exclusive Mods」は、ディープレッドのナッパレザーシートにピュアホワイトのインパネやドアトリムがコーディネートされるお洒落な仕様となっています。

<次のページに続く>
次ページ
ジープ レネゲード