東京オートサロン2019、メルセデス・ベンツの今回の目玉は4ドアのAMG GTと"話せる"Aクラス!

1月11日(金)から13日(日)までの3日間の日程で開催される東京オートサロン2019。さすがに世界三大カスタムショーと言われるだけあって、展示車のレベルは高い。中央ホールの奥に一際大きなブースを構える自動車界の巨人メルセデス・ベンツ。近年の展示ではそれほどインパクトの大きなリリースはないものの、着実に同展の花形として定着している感があります。今回の目玉はなんといってもジャパンプレミアとなるAMG GTの4ドアモデルと先日発売されたばかりの“話せるメルセデス”Aクラスです。早速二台を詳しくみてみましょう。

文・山里真元

Chapter
昨年秋に日本で発売されたばかりの新型Aクラス
Mercedes-AMG GT 4ドア クーぺ
【東京オートサロン2019】メルセデス

昨年秋に日本で発売されたばかりの新型Aクラス

【東京オートサロン2019】メルセデス

ショー専用モデルとしてA180のボディにはゴールド、ホイールにはカーボン柄のラッピングが施されています。外見こそド派手に見えるものの内装や機能は市販モデルそのものとのこと。早速、最新対話式インタフェースの実力を試してみましょう。

筆者「ハイ、メルセデス!」TVのCMなどでもお馴染みの起動ワードです。

Aクラス「どうぞおはなしください」

筆者「お腹すいた」

ナビの画面上に近くにある飲食店が近い順に複数件表示される。

Aクラス「項目をお選びください」

筆者「3番」

Aクラス「では何をしましょうか?」

筆者「案内して」

Aクラス「ルート案内を開始します」

と、いったように見事に会話が成立し要求を満たしてくれます。ここまでの正確な音声認識(音声解析)を可能にしているのはもちろん人工知能の力によるところです。人工知能そのものがナビゲーションシステムに搭載されているわけではなく、実はインターネットを介してAIとやり取りすることとなります。そのため新型Aクラスの購入には漏れなく3年間のインターネット回線が付帯しています。

その他にも新型Aクラスは、センターディスプレイがタッチスクリーンになっていたりと、もはやスマートフォンと遜色ない機能を搭載しています。会場の隅でAクラスのタッチスクリーンに貼り付ける用のフィルムが販売されているのが、ついに車にも貼る日がきたかと、印象的でした。実は欧米ではこのフィルム全く需要がないそうです。

Mercedes-AMG GT 4ドア クーぺ

【東京オートサロン2019】メルセデス

かなり以前から動画メディアなどでリークされたり、昨年は内覧会が頻繁に既存顧客向けには開催されていたものの、ここへきてようやくの正式なジャパンプレミアとなりました。ようやく堂々と画像を公開できるわけですね。

クーペのAMG GTとは異なり、この4ドア版にはエンジンの異なる複数のグレードが存在しています。今回展示されていたのは、それらの中でもトップグレードとなる63Sの4MATIC+装備版です。

フロントマスクは最新AMGのアイコンとなるパナメリカーナグリルで、2ドアのAMG GTの面影を匂わせています。名前からそのまま想像すると2ドアの生粋のクーペであるAMG GTをストレッチしてドアを2枚足したように考えてしまうかもしれませんが、実はこの4ドア版の骨格は2ドア版とは全くの無関係なのです。

ライバルはもちろん、ポルシェのパナメーラを想定しており両車の日本での住み分けや直接の比較試乗が待ち遠しいです。