ETCレーンでバーが開かない!? その原因と対処法

ETCゲート

有料道路のETCレーンをいつものように通過しようとしたら、バーが開かない…。こんなトラブルに見舞われて、どのように対処したら良いかわからずパニックになった経験はありませんか?今回は、ETCレーンでバーが開かなくなる原因と対処方法を紹介していきます。

文・赤井福

Chapter
ETCレーンでバーが開かない原因
ETCレーン出口で問題が発生することも?
ETCカードでも一般レーンを使える

ETCレーンでバーが開かない原因

ETCバーが開かない原因の多くは、ETCカードの入れ忘れです。単純な入れ忘れだけでなく、途中のサービスエリアやパーキングエリアで、防犯のために一度カードを抜き取り、その後に戻し忘れたり、差し込み不完全ということも多くあります。

また、ETCカードの不良も原因のひとつです。有効期限切れに注意し、車載器との通信部分であるICチップはキレイにしておきましょう。ICチップ部分が割れていたり、酷い汚れや傷がついた場合は、カード会社に交換を申し出ましょう。

車載器側のトラブルは、あまりないようですが、長く使用している車載器は、カード読み取り部分の不良や、アンテナ不良などが起こりやすくなります。

ETCレーン出口で問題が発生することも?

筆者の体験として、有料道路の入り口では問題なくETCレーンが開いたのに、出口で問題が発生するというケースがありました。

通常通り、入り口のETCレーンを通過したら、車載器から警告音と「書き込みができません」というアナウンスが流れました。しかしそのまま通過できたので問題ないだろうと思い、出口もETCレーンを使用すると、バーが開かず止められてしまいました。

原因は、ETCカードと車載器の接触エラーで、入り口の情報をカードに書き込むことができなかったたことにありました。つまり、どこのインターから入ったのかがわからず、出口で”走行区間不明”となりバーが開かなかったのです。

係員さんの指示で、何回かカードを出し入れしましたが、入り口の情報は確認できず、最終的には係員にカードを手渡しして、乗ったインターチェンジを申告して料金を支払いました。

ちなみに、1ヶ月後にも同様の事態が発生。そのときは、一般の出口を使い、情報が書き込みされなかった旨を伝えて、精算してもらいました。

ETCレーンは、入り口でカードに情報を書き込んでいます。ETCゲートを無事に通過しても、いつもと違うアナウンスや警告音がなった場合には、音声再生機能を使って、アナウンスの内容を確認、問題がありそうなときは、カード会社に連絡するか、出口では一般レーンを使用しましょう。

<次のページに続く>
次ページ
ETCカードでも一般レーンを使える