史上最高額約54億円!オークションで高値が付いたクルマ5選

フェラーリ 250GTO(1962)オークション

お金に糸目をつけず、好きなクルマに乗れるとしたら…なんて考えたことはありませんか?カーマニアのなかには、数台しか作られなかった憧れの名車や、さまざまな理由で希少になったクルマをオークションで落札し、購入する人がいます。日本円で10億円以上という驚きの値がついた、マニア垂涎のクルマをメーカー別に紹介します。

文・立花義人

Chapter
フォードGT40 ガルフ/ミラージュ(1968)
アストンマーティン DB4GT ザガート(1962)
シェルビー コブラ260(1962)
ジャガー Cタイプ (1953)
フェラーリ 250GTO(1962)

※1ドル=112円で計算

フォードGT40 ガルフ/ミラージュ(1968)

※写真はフォード GT40

モータースポーツの分野に注力することが企業戦略として必要と判断したアメリカのフォードは、1964年にフォード GT40をデビューさせました。

モノコックシャーシにファイバーボディといわずか908kgのボディ中心に4.7L(289cu.in)のV8エンジンを搭載し、最高速度は、330km/hをマーク。1964年に世界スポーツカー選手権に投入され、1966年から1969年までル・マン24時間レースで4連覇を達成する偉業を成し遂げました。

2012年に米国で開催されたオークションに出品されたのは、『フォード GT40 ガルフ/ミラージュ(ライトウェイトレーシングカー)』と呼ばれるモデルで、1,100万ドル(約12億円)で落札されました。

この車輌は、GT40をベースにイギリスのJWAによって製作されたプロトタイプレーシングカーで、1968年にフォードから正式にGT40の1台として認められました。エンジンは440psを発生、カーボンファイバーを使用した軽量なボディ、独立した前後サスペンション、4輪ベンチレーテッドディスクブレーキなどで武装され、1967年の数々のレースで優勝した経歴があります。

特筆すべきは、1971年に公開されたスティーブ・マックイーンの本格カーレース映画『栄光のル・マン』のカメラカーとしてこの車輌が用いられたことです。マックイーンはレーシングスピードで撮影することにこだわり、トップスピードで走行可能なこの車輌をレンタルして屋根を取り除き、機材を搭載したといわれています。

アストンマーティン DB4GT ザガート(1962)

イギリスの自動車メーカー、アストンマーティンが1959年から製造した高性能スポーツカーDB4GTを、イタリアのカロッツェリア、ザガートがさらに軽量化・高性能化したモデルです。

3.7L 水冷直列6気筒DOHCエンジンは、314psを発生、前後コイルスプリングサスペンション、4輪油圧ディスクブレーキを装備します。

わずか19台しか製作されなかった幻の名車で、その美しいスタイリングはまさにカーマニアの憧れの的です。この1962年式DB4GT ザガートは、2015年のオークションで、1,430万ドル(約16億円)という値が付けられました。

<次のページに続く>
次ページ
シェルビー コブラ260(1962)