開放感抜群!新車で買えるセンターピラーレスドアの車3選

センターピラーとは、ボディを横から見たときに、センターにある柱のこと。Bピラーとも呼ばれます。以前は本当にセンターピラーがない車種もありましたが、現代では側面衝突時の安全性確保のために必要な構造部材です。しかし、そんな現代でもセンターピラーがない自動車が存在します。

③トヨタ ポルテ/スペイド

トヨタ ポルテ 2017

トヨタ ポルテ/スペイドは、運転席側に前後ヒンジドア、助手席側に大型スライドドア1枚だけという変則的なレイアウトです。大型スライドドアにより、大開口を実現しています。

ポルテ/スペイドの助手席側センターピラーは、ドア後端と接する車体側に内蔵されています。内装に子供の身長を測るものさしがついている箇所です。運転席側で見ると、BピラーとCピラーの中間で、センターピラーは文字通りレス状態です。おそらく、ピラーレスでさまざまな要件を満たすためには、この場所が限界だったと想像できます。

そんな特徴的な大開口のポルテ/スペイドですが、コンパクトワゴンクラスにルーミー/タンクがデビューして以来、販売成績が伸び悩んでいます。

トヨタ自動車の2025年までに国内ラインナップ半減の方針に則り、2018年内での生産終了とモデル廃止が噂されています。ポルテ/スペイドを新車で購入するのなら、早めに商談を開始したほうが良さそうです。

ポルテ/スペイド 画像ギャラリー