【対策進む】ピラーの死角が運転に及ぼす影響はどのくらい?

車の運転中に周囲を確認する際、左右のピラーが視界を遮り、歩行者や対向車が見えなかったことはないでしょうか。ピラーはルーフ(天井)を支え、衝突から室内を守る役割も担っていますが、視界を遮ることで運転に影響をおよぼすこともあります。そんなピラーについて解説します。

文・PBKK

Chapter
Aピラーの死角問題
Aピラーの死角に対する解決策とは?

Aピラーの死角問題

車内の写真

ピラーは英語の「pillar」のことで、日本語では「柱」や「支柱」を意味します。クルマではボディと屋根をつなぐ柱を指して使われます。

クルマの前方からアルファベット順にAピラー・Bピラーと続き、ステーションワゴンなどではDピラーまであります。この中でも現在問題になっているのは、Aピラーの死角です。

Aピラーはクルマ前方にあり、運転席のフロントガラスとサイドガラスを分けています。そして運転席から周囲を確認しているときにこのAピラーが視界を遮り、歩行者や自転車などの接近に気づかないケースがあるのです。

Aピラーは天井を支える重要な部品であり、クルマが万が一転倒したときに天井がひずむのを防いだりと安全にとって必要不可欠なものです。ただし最近ではクルマの剛性を確保するためAピラーを大型化したモデルも増えており、Aピラーが細いモデルより事故リスクが高まります。

単にピラーを細くすればよいだけではないか?と思われるかもしれませんが、細くすると今度は事故の際に天井がひしゃげやすくなり乗車している人の安全が脅かされるなどの問題も出てきます。

このようにAピラーの死角問題はシンプルなようで、解決には高い壁が立ちはだかっています。

次ページ
Aピラーの死角に対する解決策とは