NSXとGT-R。加速、居住性、普段の使い勝手を比較

現在の日本を代表するスポーツカーといえば、ホンダ NSXと日産 GT-R(R35)ではないでしょうか。この2台のクルマの特徴や違いについて、加速性能や居住性、使い勝手など、さまざまな角度から、比較してみました。

文・吉川賢一

Chapter
スペックは、ほぼ互角
中間加速はNSX有利か?
甲乙つけがたい運動性
乗り心地と居住性
使い勝手はどちら?

スペックは、ほぼ互角

ホンダ NSX

2016年に国内で販売が開始されたホンダ NSXは、ミドシップレイアウトの2シーターのスポーツカーです。

パワーユニットには、3.5L V6 ツインターボエンジンに、フロントに2基とリアに1基のモーターを組み合わせたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を採用。

エンジンとモーターを合わせた、システム全体の最高出力は427kW(581ps/エンジン単体では373kW)、最大トルクは646Nm(65.9kgm/エンジン単体では550Nm)を発生します。

車両価格は、2,370万円~となっています。

日産 GT-R

対する日産 GT-Rは、2007年のデビュー。トランスアクスル方式を採用したAWDに、後列シートをもつ4人乗りのスポーツカーです。

発表時点で世界の「量産市販車」において、ニュルブルクリンク北コースの最速ラップタイムを記録して話題となりました。ほぼ毎年、車両装備やエンジンにアップデートを行い、モデルイヤーを重ねる毎に魅力的なクルマへと進化しています。

2017年モデルの3.8L V6 ツインターボエンジンは、最高出力419kW(570ps)、最大トルクは637Nm(65.0kgm)を発生。

車両価格は996万円~です。

次ページ
中間加速はNSXが有利か?