多段ATとCVT、それぞれの特徴は?

日本は、狭い路地や交差点が多く、また信号がいたるところにあり、交通渋滞も頻発することから、オートマチック(以下AT)車が圧倒的に人気です。そのAT車には、多段ATとCVT(無段変速機)がありますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?今回は、多段ATとCVTのメリット・デメリットについてみていきます。

文・吉川賢一

Chapter
多段ATとCVTの違いについて
多段ATのメリットとデメリットとは?
CVTのメリットとデメリットとは?

多段ATとCVTの違いについて

多段ATとCVTの一番の違いは、歯車(ギア)のあり・なしです。多段ATは、何枚かの歯車を自動で変更して、タイヤに駆動力を伝えています。

一方のCVTは、歯車を持ちません。滑車のようなプーリーや、球体・円錐などの組み合わせでギア(伝達)比を変えるので、無段階かつ連続的に変更できます。ただし、エンジンブレーキなどの使い勝手の観点から、CVTを数段に切り分けた「○速CVT」というものもあります。

多段ATのメリットとデメリットとは?

レクサス LS 10AT

多段ATは、歯車で機械的に駆動を伝達します。そのため大馬力への対応が可能なことがメリットとして挙げられます。大排気量車やハイパワー車にも対応可能です。

一方、トルクコンバータという流体クラッチを介してタイヤへ駆動伝達を行うため、駆動ロスの発生があること、燃費向上と効率改善のためにギアの段数が増えていくのにつれて、構造は複雑となり、高価になることがデメリットです。そのため、8段以上の多段ATは、高級車のみに採用されています。

次ページ
CVTのメリットとデメリットとは?