ハンドルはまっすぐなのに!どうして左右に流れていっちゃうの?

ハンドルをまっすぐにしているのに、クルマが勝手に左右に流れていってしまう。こんな現象に遭遇したことはありませんか?わずかな片流れでも、気になり始めたらストレスが溜まってしまいます。なぜこの片流れが起きるのでしょうか。考えられるその原因と対策について見ていきましょう。

文・吉川賢一
------------------------------------------------------------------------
いつもCarMeをご覧いただき誠にありがとうございます。
記事内容を一部修正いたしました。
(2018年4月25日)

Chapter
道路のカントが原因とは言えない?
タイヤのアライメントに狂いがある
タイヤのユニフォーミティの影響

道路のカントが原因とは言えない?

走行 高速道路

道路の排水性を高めるため、道路の中央車線側を高く、外側を低く、片勾配(カント)をつけていることは有名です。

その片勾配は、一般道では特殊な条件でなければ、わずか数%程度。さらにクルマは、その程度の傾きなら走行に影響を受けないようセッティングされていますから、ドライバーが片勾配を体感することはまずありません。つまり、通常、一般的な直線道路の片勾配でクルマが片流れすることはないのです。

では、片流れが起きるおもな原因はなんでしょう。

タイヤのアライメントに狂いがある

ティアナ マルチリンクサスペンション

片流れの原因の一つに、タイヤのアライメントに狂いがあることが挙げられます。

キャンバー角やトー角、キャスター角といったアライメントが、想定外の強い衝撃やブッシュ類の劣化・破損によって、設計値の許容範囲から外れてしまうことで発生します。

通常、フロントのトーはゼロ、リアはわずかにトーインになるよう設定して、直進性を高めています。またキャンバー角は、タイヤ接地面が外側へ出るように角度を寝かせ(ネガティブキャンバー)、左右輪のキャンバースラスト力が釣り合うように設定しています。

それらの変化によって、タイヤが発生する力のバランスはくずれ、クルマを右や左へ動かす力となってしまいます。

メーカーでは最終車両検査場にて、アライメントが公差内になるよう、確認・調節をし、顧客のもとに送り届けています。しかし、修理工場で部品交換をしたときの調節が甘かったり、古いクルマでブッシュ類が破損していたりすると、アライメントが規定値から外れることがあります。

これらは、アライメント調整&修理で直すことができます。気になる方は、ディーラーや専門ショップなどでチェックしましょう。

次ページ
もう一つの原因、タイヤのユニフォーミティの影響