独自のスパイスで完成度を高めたTOPY アヌヴィアス(Anevias)シリーズ

PR

アフターマーケット向けホイールの企画から販売まで手がけるトピー実業のアフターパーツ用ホイールは、対象車種、デザインコンセプトなどによって、いくつかのブランドラインにわかれています。そのなかで、スパイスの効いたデザインで愛車の足元を飾ることを目的としたホイールが「アヌヴィアス(Anevias)」シリーズです。

Chapter
デザイン性を重視するオーナーが惚れるアート系ブランド
複雑な形状で、さりげなく語られる存在感〜Anevias VajuLanda(ヴァジュランダ)
定番のディッシュデザインに現代的要素をプラス〜Anevias MOARETTO(モアレット)
スポーツとエレガンスの共存〜Anevias NERICH(ネリッチ)

デザイン性を重視するオーナーが惚れるアート系ブランド

トピー アヌヴィアス

大手ホイールメーカー系商社のトピー実業では、アフターパーツ向けにいくつかのブランドを展開しています。

ここで紹介する「アヌヴィアス(Anevias)」もそのひとつで、デザイン性を重視したアート系ブランドという位置づけです。

ラインナップする3種類のホイールは、どれもディッシュやフィンスポーク、ラフメッシュなど、定番デザインをベースとしながら、細部には奇抜に思えるほどの大胆な造形を与えていることが特徴となっています。

複雑な形状で、さりげなく語られる存在感〜Anevias VajuLanda(ヴァジュランダ)

一見したところ、シンプルなデザインのフィンタイプのホイールといった印象ですが、あらためてよく見ると、スポークのセンター部分が、ひねりを加えた左右非対称デザインとなっているなど、複雑な形状になっていることに気が付くでしょう。

「ヴァジュランダ」の名前は、古代インドの聖典、ラーマーヤナの主人公であるラーマ王子が持つ槍のこと。

緩やかなコンケーブを描きながらリムに向かって伸びる18本のフィンスポークも、そんな神話に登場する伝説の武器を象徴するかのようです。

ミラーポリッシュされたガンメタカラーも手伝って、愛車の足元で確かな存在感を主張します。

定番のディッシュデザインに現代的要素をプラス〜Anevias MOARETTO(モアレット)

高級車に装着するホイールを考えた時、ディッシュタイプのデザインは定番といえるでしょう。高級感や力強さなど、高級車に確実にマッチする要素が揃っているからです。

アヌヴィアスのディッシュホイール「モアレット」のデザインは、原点回帰がテーマ。高級車のホイールの王道と言うべきディッシュデザインをベースに、最新のアヌヴィアスデザインをプラスし、力強くかつ煌びやかな最新のディッシュデザインを完成させました。

ホイールの顔ともいうべきフェイス面はミラーポリッシュされ、強い存在感を放ちます。

また、フェイスとリムをつなぐスポークはリム端まで伸びることで大径感を演出。さらにそのリムまわりにはピアスボルトの演出もなされ、ゴージャスさを高めています。

スポーツとエレガンスの共存〜Anevias NERICH(ネリッチ)

アヌヴィアスシリーズ第3のデザインは、ラフメッシュ。これも古くからの定番スタイルですが、最新のアヌヴィアスデザインのエッセンスが加えられることで、煌びやかなスタイルを作り出しています。

リムまで伸びた20本のラフメッシュスポークは、先端に行くに従って鋭利に、かつ尖っていくようなデザインで、リムを鋭く貫くような印象を見るものにあたえます。

ホイールのセンターに向かってコンケーブを描きながら落ち込むスポークは、フェイスデザインに立体感と大径感を演出する効果も担っています。

もちろん、アヌヴィアスシリーズのその他のモデルと同様、表面はミラーポリッシュ加工。インチアップした時の視覚的な効果と魅力は、他を大きく引き離すものとなるでしょう。

トピー アヌヴィアス

愛車をドレスアップする大きな理由のひとつに、“他との差別化”がありますが、その部分を重視する人にとっては、これ以上ない魅力的なブランド。

それがトピーの「アヌヴィアス」なのです。