レクサスGSの各グレードの違いはどこ?デザインや装備をチェック!

ラグジュアリーな佇まい version L

GSの中でもとりわけ、“高級志向”となっているのがこのversion Lモデルです。内装で使われている素材や、外装のパーツなどが通常モデルと異なります。

まず、外装では本モデル専用デザインのアルミホイールが目を惹きます。18インチのホイールはGSのラグジュアリーな佇まいをより一層引き出すことに成功。三眼フルLEDヘッドランプも特徴的な装備の一つです。夜間の安全性•視認性向上に大幅に寄与するのはもちろんのこと、その特徴的な美しいライティングが外から見る人をも魅了するのは間違いありません。

ヘッドランプの“芸術化”が進んでおり、アウディなどがそれを具現化し注目を集めておりますが、GSのデザインもそれに負けず劣らず美しいものとなっています。

内装では本木目と本革をふんだんに用いり、上質な空間を創造しています。ハンドルは本木目と本革のコンビネーションを採用。握った際の高いフィット感、肌で直接感じる高品質な材質が、ドライバーに運転する歓びをもたらします。シートには通常の本革より質の高いセミアニリン本革を採用。

人間工学に基づき設計されていることもあり、見た目の美しさ、肌触りの良さもさることながら、ロングドライブにおける疲労も大幅に軽減させます。他には助手席に電動オットマンを採用し、運転手のみならず、助手席に座る者へも高い配慮がなされています。

躍動感あふれたスポーティ仕様 F SPORT

レクサスGS Fスポーツ 2016

メルセデスベンツのAMGパッケージモデルや、BMWのMスポーツシリーズ同様、レクサスにもスポーティモデルが設定されています。それが「F SPORT」です。

外装にはスポーツ仕様にふさわしい、躍動感あふれる数々の専用装備を装着。メッシュタイプのスピンドルグリルが通常のGSとは大幅に異なるダイナミックさを演出しています。クルマ好きであれば乗り込む前から運転に対し熱い思いを掻き立られることでしょう。リヤには専用スポイラーやバンパーも装備。メーカー自らが設計しただけあって、そのフィット感は上々です。違和感は一切ありません。
足元には専用19インチホイールを装備。外観がよりスポーティになるのはもちろんのこと、ハンドリング性能も向上させています。

内装にも専用装備が数多く奢られています。ハンドルやシフトノブは本モデル専用品を採用。ペダルにはアルミ製の特別品を採用しています。

快適性を向上させた I package

通常モデルに加え、人気の高い装備を複数採用しているのが本モデル。たとえば夏場の強い日差しを抑え、快適性の向上に貢献する電動リヤウインドゥサンシェードや本革シート、シートベンチレーションなどといった装備をしています。単体で装備すると高額になりますが、まとまって装備されることでコストパフォーマンスが大変優れています。

ベースグレードでも満足「通常モデル」

ベースグレードでも標準的な快適装備は全て備わっているので、十分すぎるほどです。電動シートやオートエアコン、最新鋭のカーナビはもちろんのこと、シートヒーターなども装備。購入価格的にベースグレードとなったとしても、決して不満を抱くことはないでしょう。このあたり、さすがはレクサスと言えるでしょう。

各グレードによって装備品が異なりますので、特に中古車購入の際は要注意です。ただし、新車だとグレードごとにそれなりの価格差がありますが、中古車となるとその差は縮まりますのでパッケージオプションが装備されたモデルがお得となるケースが多々あります。

お得に豪華な装備、ないしはスポーティな装備がゲットできるのは中古車特有の魅力でしょうね。

レクサスGSは先代モデルの中古車が買い時?新車価格と比較!
ISFやRCF…“F”を冠したレクサスはベース車とどこまで違うのか?
所有欲が掻き立てられる!人気レクサスモデル10選の新車・中古価格は!?

この記事をシェアする