どのグレードにする?ポルシェ カイエングレード別比較

それぞれの個性を持ったカイエンのグレード展開…

カイエン

ポルシェ・カイエンにも様々グレードがあり、価格も違えばスペック等仕様も大きく違います。

■ポルシェ・カイエン グレード展開
・カイエン(3.6L V6エンジン 300PS)…859万円
・カイエンS(3.6L V6エンジン 420PS)…1140万円
・カイエンSEハイブリッド(3.0 V6エンジン+モーター 416PS)…1167万円
・カイエンGTS(3.6L V6ターボ 440PS)…1389万円
・カイエンターボ(4.8L V8ターボ 520PS)…1738万円
・カイエンターボS(4.8L V8ターボ570PS)…2235万円

一番手が届きやすいベースグレードは3.6L V6エンジンを搭載し、859万円。しかし「カイエンS」になると出力は120馬力UPの420馬力になりますから、この差は大きなもの。価格差は約280万円ありますが、カイエンの「本領」を体感するのは「カイエンS」から、ともいえそうです。

カイエン ハイブリッド

また興味深いのは現行モデルから追加された「カイエンSE ハイブリッド」の存在。カイエンSと価格差はわずか27万円ですが、モーターが追加され環境性能と動力性能を両立させています。エンジンも3.0L(スーパーチャージャー仕様)にダウンサイジングされており、ある種一番現代的なカイエン、とも言えるモデル。

もちろん、カイエンを購入する層は燃費を気にしない…かもしれませんが、カイエンのグレード間の「ヒエラルキー」とは一線を画す興味深いグレードといえましょう。

カイエン GTS

またカイエンGTSも興味深いグレード。V6ターボエンジンを磨き440馬力の出力とカスタムされた足回り、専用のスポーツシートが奢られたグレードで、0-100加速は5.1秒とも。V8の「ターボ」には及ばないものの、素晴らしいパッケージングといえます。

カイエン ターボS

そして最強の「ターボ」シリーズ。「ターボS」はニュルブルクリンク北コースを7分59秒台でラップしたことでも知られており、世界最速SUVのカイエンたるイメージたらしめる存在としています。その分いずれも価格は高くなっており、ベースグレードと比較するとターボで約900万、ターボSでは約1400万ほどの価格差となっています。

ポルシェのラインナップは、性能と価格がまさに比例しており、明確なヒエラルキーを形成しています。その中でもハイブリッドモデルの存在が異色というべきか、興味深いグレードとも感じますね。

またカイエンの真髄を味わうには「カイエンS」以上のグレードが良いのは間違いありません。その分、対価が必要になってしまうのが苦しいところですが、中古で前グレードをチョイスするという手もありますね。

関連キーワード

この記事をシェアする