どのグレードにする?ポルシェ カイエングレード別比較

それぞれの個性を持ったカイエンのグレード展開

ポルシェ カイエンS 2014

ポルシェ カイエンには、6つのグレードがあり、価格も違えばスペック等仕様も大きく違います。

■ポルシェ・カイエン グレード展開
・カイエン(3.6L V6エンジン 300ps)…894万円
・カイエンS(3.6L V6エンジン 420ps)…1,184万円
・カイエンSEハイブリッド(3.0 V6エンジン+モーター 416ps)…12,11万円
・カイエンGTS(3.6L V6ターボ 440ps)…1,424万円
・カイエンターボ(4.8L V8ターボ 520ps)…1,766万円
・カイエンターボS(4.8L V8ターボ570ps)…2,273万円

※価格は2017年5月のデータです。

カイエン/カイエンS

一番手が届きやすいベースグレードは、3.6L V6エンジンの300ps。しかしカイエンSになると、出力は120馬力UPの420psになります。その価格差は、290万円。本領を体感するなら、カイエンSともいえそうです。

カイエンS Eハイブリッド

また興味深いのは、現行モデルから追加されたS Eハイブリッドの存在です。カイエンSと価格差はわずか27万円ですが、モーターが追加され環境性能と動力性能を両立させています。

エンジンは、3.0L V6(スーパーチャージャー仕様)にダウンサイジングされており、ある種一番現代的なカイエンともいえます。

カイエンを購入する層は、それほど燃費を気にしないのかもしれませんが、グレード間のヒエラルキーから外れたモデルといえましょう。

ポルシェGTS

GTSは、V6ターボエンジンを磨き440psの出力と、カスタムされた足回り、専用のスポーツシートが奢られたグレードで、0-100加速は5.1秒。4.8L V8のターボモデルにはおよばないものの、スポーツ性を前面に出したパッケージングで興味深い1台です。

カイエン ターボ/ターボS

ポルシェ カイエン ターボS

最強のターボシリーズには、ターボとターボSがラインナップ。上級グレードのターボSは、ニュルブルクリンク北コースを7分59秒台でラップしたことでも知られており、世界最速SUVたらしめる存在です。

価格は、ベースグレードと比較するとターボで約900万、ターボSでは約1400万ほどの差となっています。

ポルシェのラインナップは、性能と価格が比例しており、明確なヒエラルキーを形成しています。そのなかでハイブリッドモデルの存在は、異色というべきか、興味深いグレードとも感じますね。

またカイエンの真髄を味わうには、カイエンS以上のグレードが良いことは間違いないのですが、そのぶん対価が必要になってしまうのが苦しいところです。

新車のカイエンにするか、中古でカイエンSを探すか、悩ましいところではないでしょうか。

ポルシェ 958 カイエンS インプレッション

ポルシェ カイエン 3.6 ティプトロニックS 4WD

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事