ドライバーショットを真っ直ぐ飛ばすための3か条。

真っ直ぐ飛ばすには真っ直ぐに構える!

ゴルフ

初心者で陥りがちなポイントとして、アドレスの時点で飛ばしたい方向に真っ直ぐ立てていないという事が多いです。

真っ直ぐに飛ばしたいのであれば、飛ばしたい方向に真っ直ぐ構えなければなりません。これはドライバーに限らず他のクラブを使用するときも同じです。

ドライバーは他のクラブに比べて飛距離も出ますので、なおさら押さえておきたいポイントですね。方法は簡単です。

「あそこに飛ばしたい!」と思う着地点と、足元のボールを線でつなげてみて下さい。その線上に、何でもいいので何か目印となるものを探してください。(落ち葉でも枯れ木でもOK) できるだけ足元のボールに近い位置でその目印を探せるとベストです!

着地点を見つめながらその方向に合わせようとしても、なかなか正しいアドレスで構える事ができないんです。

目標物を近くに設定する事で、簡単に正しいアドレスがとれるようになりますよ!

ゴルフボールにマーカーで線を描く!

ゴルフボール マーカー

本番では、練習場と違ってゴルフマットの上で打つわけではありません。構えてボールを見つめているだけで、無意識に方向感覚が失われているのです。(汗)

これを防ぐ方法としては、ボールにマーカーで真っ直ぐな直線を描く事が一番!

ボールをティーに乗せる際、ボールに描いた直線を飛ばしたい方向に合わせてみて下さい。

方法はたったこれだけ!構えてボールを見つめていても、どの方向に飛ばせば良いか一目瞭然!

もちろん油性ペンでそのまま描いてもいいのですが、ボールに真っ直ぐ線を描く為のマーカーと専用キャップがセットになってゴルフ用品店で売っていますよ。(1,000円位です。)

ちなみに、これはゴルフの規定上、決してルール違反ではありません!ぜひ試してみて下さいね。

気持ちは前に行っても、頭は前に行っちゃダメ!!

1打目、特にスタートホールでありがちなのは、「練習の通りに打てていない。」という点です。

ゴルフ場の雰囲気、場内の広さに圧倒され、本来の自分のスイングができていないのです。

特にドライバーは、遠くに飛ばそうという思いから、頭が前に突っ込んでしまう傾向が高いです。

「前に突っ込む=ミートポイントが変わる」と思っていて下さい。自分が思っているミートポイントでクラブとボールが当たっていませんので、真っ直ぐ飛ばないのも当然と言えますね。

これを防ぐ方法として、

「頭のつむじに巨大な釘が刺さってあごの下を貫通し、地面に突き刺さっている。」

こんなイメージをしてみて下さい。そんなイメージできるかいっ!!なんて思わずに!さぁ!笑

簡単に言うと、手や腰がいくら動いても、頭の位置は変える事ができないという思いを植えつける為なのです。

頭が動かなければミートポイントが変わる事はありません。ミートポイントが変わらなければ、あなたが思っている通りに真っ直ぐボールは飛びますよ。

おわりに

頭を動かさないという事は、実は他にも沢山のメリットがあるのです。

あなたはヘッドスピードを上げて、飛距離を伸ばしたいですか?そのお話はまたの機会に。

ゴルフで手打ちにならないためのフットワーク
ゴルフは考え方ひとつでスコアがまとまる!プライドを捨ててみよう!

(提供元:golfee

ゴルフィ ロゴ

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives