クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By
 

なぜシャコタンにするのか?シャコタンのメリットとデメリットは?

シャコタンはどうやってできる?

改造車

もっともポピュラーなのは、サスペンション(スプリング)を短くすることです。シャコタン用のスプリングに交換するか、もしくは、すでに装着されているスプリングを切断して短くする方法もあります。オススメはできませんがスプリングを抜いて(いわゆるノーサス)車高を極限まで低くするという方法もあります。

また、ショックアブソーバとスプリングを車高調と呼ばれるようなスポーティなものに交換するとノーマルよりも1インチ(約2.5cm)程度は車高を下げることができます。1インチといっても見た目はかなり違って、ウェストライン以下がすっきりとしてスポーティで安定した印象になります。

昔は違法改造だったけど今は?

かつて、スプリングを短くすることや交換することは陸運支局への届出&認証が必要でした(いわゆる公認)。

公認を得ずに公道を走ることは違法改造でもちろん車検にも通りませんでした。それが大きく変わったのが平成7年の規制緩和です。スプリングを交換しても自動車のボディサイズが車検証の数値に対して高さ±4センチ、幅±2センチ、長さ±3センチまでなら、届け出の必要はなくなりました(スプリングの切断はNGで最低地上高9センチを確保する必要)。

この規制緩和以降、日本でも合法的に楽しめる車高調やローダウンが人気となってきたのです。

シャコタンのメリットとデメリットは?

族車のような極端な例は除いて、車高調サスペンションなどで車高を落とした際のメリットをここでは説明します。

まず、一番は車高が下がる(とくに、タイヤハウスのすき間、タイヤとボディのすき間が埋まる)ことで、スタイルがカッコよく見えること。そして、ボディの重心が下がることで運動性能も上がり、安定感が増します。路面状況に応じて運転中に自動で車高を調整する車高調キットも人気です。

また、ミニバンなど車高の高い車に車高調キットを装着することで足回りの安定感が増し、余計な振動や騒音もなくなるので、後部座席での車酔いが大幅に軽減されるという隠れたメリットも生まれます。

シャコタンのデメリットは?

最低地上高9センチを確保して、適正な方法で車高を下げることにそれほどデメリットはないのですが、極端なシャコタンはデメリットだらけと言ってもいいでしょう。

まずは踏切や駐車場など、街中の段差に大変苦労します。かまぼこ型の踏切ではまっすぐ進むことができず(車体下部が盛り上がった部分に引っかかる)S字走行となると周囲の交通にも大変な迷惑ですし、クルマの駆動系をいためる場合も多いです。

中央に凸部分がある機械式の駐車場は使えませんし、フェリー乗船時のスロープにも引っかかる危険があります。交通事故が起こった際、『違法改造』でると保険金が支払われないこともあります。またノーサスの車では路面からの衝撃をもろに受けるため乗り心地は最悪です。

シャコタンは見た目だけの問題ではなく、機能的なメリット・デメリットがあり、取り入れる場合はその点も考慮する必要があるでしょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事