車高調とダウンサスの違いとは?

車のローダウンに必要なパーツとして、まず挙がるのが「車高調」そして「ダウンサス」。どちらも車高を下げる役割を持ちますが、モノ自体はまったく異なります。この2つのパーツは、どう違っているのでしょう。

Chapter
本来はテスト用やレース用パーツだった車高調
手軽にスプリング交換可能になって増えたダウンサス
車高調とダウンサス、機能的に大きく異なるその違い
どちらを選ぶと良いかは、予算以外にカスタムのこだわり次第

本来はテスト用やレース用パーツだった車高調

車高調

「車高調」とは車高調整式サスペンションのことで、ショックアブソーバーのロワシート(車体を支えるスプリング下部の皿)の位置を上下させてバネを縮めるネジ式か、ショックアブソーバー自体の長さを伸縮させる全長調整式の2種類があります。

ショックアブソーバーとスプリングが同軸線上ではなく別体の場合には、スプリングシートに車高調整機能がある場合もあります。

そもそもなぜこのようなパーツが存在するのかといえば、ひとつは新車開発時に車高を変更してその適正値を見る必要があるため。そしてもうひとつが、レースや競技などモータースポーツ用に、路面や天候、コースに合わせて車高を変更する必要があるためです。

1980年代の規制緩和によって改造制限がだいぶ緩くなるまでは、サスペンションのスプリングを交換するだけでも構造変更申請が必要でしたから、ユーザーが自由に車高を変更できる車高調など取り付けは許されません。

現在はそうした規制が緩和され、プラスマイナス40mmまでの範囲であれば、車高の変更が認められるようになりました。そのため、現在ではアフターパーツとして車高調はごく一般的な存在になっています。

次ページ
手軽にスプリング交換可能になって増えたダウンサス