軽自動車に大人5人は違反!もし乗車したらどんな問題が起きる?

車両保安基準による軽自動車規格

ホンダ N-BOX

日本の公道を通行する原動機付き車両には保安基準が定められており、その基準をクリアしないと車検に合格できず、公道を走行してはならないことになっています。軽自動車の場合、現代でも3輪と4輪の規格が混在していますが、本稿では4輪の規格を取り上げます。

保安基準による2018年2月現在の軽自動車規格は、全長3,400mm以下、全幅1,480mm以下、全高2,000mm以下、排気量660cc以下、定員4名以下、貨物積載量350kg以下となっています。このうちどれかひとつでも満たすことができなければ小型車となり、軽自動車の優遇措置は適用されなくなります。

気をつけたいのはサードパーティー製エアロパーツで、ノーマル状態で規制値いっぱいの軽自動車にスポイラー類を装着した場合、寸法オーバーとなり小型車で登録し直す必要があります。これを怠ると脱税行為と見なされ、国税庁職員による捜索が入るかもしれません。

では、定員4人以下の規定がある軽自動車に大人5人が乗車したら、どうなるのでしょうか?

次ページもし無理やり軽自動車に大人5人乗ったら?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives