車好きが、ブレーキパッドを社外品に交換する理由とは?

社外品ブレーキパッドに交換する理由とは

ブレーキパッド 交換

乗用車で一般的なディスクブレーキは、ディスクローター、ブレーキキャリパーとブレーキパッドで構成されています。

ディスクローターはタイヤとともに回転している部品で、それをブレーキキャリパーのなかにセットされたブレーキパッドで挟んで車を減速・停止させます。ブレーキの性能は、素材や大きさが変わらなければ、このローターをパッドで挟むときに生まれる摩擦力によって決まります。つまり、摩擦力が高ければ、良く効くブレーキということになりますね。

しかし、実際のブレーキはそんな単純なものではなく、発生する摩擦力とコントロール性、耐久性といった要素がバランスされたものになっています。

ブレーキパッドは、その最終的な味付けを調整するパーツで、その材質の配合を変えることで、ブレーキの特性を変化させることができます。

少々乱暴な説明になりますが、純正品が日常のスピード域から高速道路までを重視した設計であるのに対して、サーキットのスポーツ走行向けに作成されたブレーキパッドは、街中で使う低速域を犠牲にして中速〜高速域での摩擦力とコントロール性を重視して設計されます。さらに耐久性や、ローターへの攻撃性という点では、純正品より劣るかもしれません。

つまり、ブレーキの耐久性を少々削っても、サーキットでのタイムアップを図りたいユーザー向けの製品ということができます。

もちろん、社外品のなかには耐久性は純正品と同等で、制動力が向上するという製品もありますから、ブレーキの効きがイマイチという方はパッドの交換時期に合わせて、そういった社外品を検討してみるのも良いかもしれません。

低ダスト化が目的ということも

ブレーキ

輸入車、なかでも欧州車は速度制限のないアウトバーンで走ることを想定しているため、日本メーカーが国内向けに販売するモデルとはブレーキに対する思想が異なります。もちろん、それだけのスピードを受け止める制動力も必要となってきます。

欧州車のブレーキパッドは日本車とは異なり、柔らかい素材が用いられています。また、ローターも国産にくらべて柔らかく、制動時にはパッドとローター双方が削れることで、高い制動力を発生します。そういった背景から、ホイールはブレーキダストで汚れやすくなっています。

高級感や走行性能が魅力の輸入車ですが、このブレーキダストによるホイールの汚れに悩まされているユーザーは少なくありません。そこで、パッドの削りカスが少なく、それでいて純正同等の制動力を発揮する低ダストブレーキパッドが社外品として販売されています。

低ダストブレーキパッドは、足回りを綺麗に保ちたいという欧州車ユーザーを中心に、人気のリプレイスパーツとなっています。

そんなブレーキパッドの素材は、大きく4種類あります。どのようなブレーキパッドでしょう。

次ページブレーキパッドの種類

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives