ブレーキの「キーキー音」が鳴り出したら交換時!? ブレーキの交換サイクルは?

自動車を運転しているとき、足まわり付近からキーキー音が鳴るようになった経験はありませんか?おかしいな…と思って、ディーラーや工場へ入庫し、ブレーキパーツを交換したというドライバーは少なくありません。その原因は、多くがブレーキパッドの摩耗です。しかしなかには、摩耗しても音が鳴らない製品があったり、他の要因で音が鳴っていることもあるのです。

Chapter
とても厄介な自動車の「異音」
パッドの裏に仕掛けられたカラクリ
「キーキー音」が鳴らなかったら、ブレーキパッドの交換はしなくていいの?
パッド摩耗以外でブレーキ付近から異音が発生する場合

とても厄介な自動車の「異音」

走り 走行

自動車を運転しているとき、普段聞いたことの無い音、いわゆる”異音”が発生すると非常に厄介です。

異音が停車中でも鳴っていれば、安全な場所に車両を停めて調べることもできますが、走行時にしか聞こえない場合は、あちこち覗き込むわけにもいきませんし、運転中ならシートから身体を動かして音の出ている箇所を特定することもできません。

走っていれば、必ず鳴る音だとしても、クルマというものは箱型のボディをしているか、いくつかの箱の組み合わせで成り立っているため、あちこちに反響して前後左右どこなのか、わからないこともしばしばです。

以前、筆者は、走行中のタイヤの回転に合わせてどこか擦れるような異音が発生したので、車を停めて点検したところ、タイヤの接地面に張り付いたガムテープの切れ端がフェンダーを叩いていただけ、ということがありました。

走行中の異音には、車に関係のない要因もあるのですが、そうした異音のなかで、金属を引っかくようなキーキー音が鳴ったら、ブレーキパッドの摩耗の可能性があります。

パッドの裏に仕掛けられたカラクリ

ブレーキパッドの摩材の使用限界は、一般的に1mmと言われます。ただし、実際には3mm程度まで減れば交換を推奨され、その中間の約2mmで摩耗警告音を鳴らす役割をしているパーツが組み込まれています。

それが「パッドウェアインジケータ」と呼ばれるもので、ブレーキパッドに最初から取り付けられていたり、古いパッドから取り外し、新しいパッドに取り付ける場合もあります。

一般的なパッドウェアインジケータは、ブレーキパッドの摩材が薄くなる(残り約2mm)と、ブレーキローターにウェアインジケータが接触して、金属音を出す構造で、音でブレーキの摩耗をドライバーに知らせます。

足まわり付近から金属音が鳴ったときには、まずはブレーキパッドの残量をチェックしましょう。これはドラムブレーキのブレーキシューでも同じです。

では、「キーキー音」が鳴らなかったら、ブレーキパッドの交換はしなくていいのでしょうか?

「キーキー音」が鳴らなかったら、ブレーキパッドの交換はしなくていいの?

ブレーキパッド 交換

ブレーキの摩耗をドライバーに知らせてくれるパッドウェアインジケータですが、すべてのブレーキパッドに付いているとは限りません。

アフターマーケットで販売されているパッドのなかには、インジケータの無いものがあり、それを使っている場合は音が鳴りませんから「減れば知らせてくれる」と点検を怠った結果、事故の原因になった場合はドライバー自身に整備不良が問われます。

また、ウェアインジケータでキーキー音が鳴っても、インジケーター自体の摩耗で1,000kmほど走ると音が出なくなります。「放っておいたら直った」などと思いこみ、そのうち忘れてしまうのが1番怖いパターンです。

ちなみに最近のパッドウェアインジケータは、組み込まれた電線が切断されることで、メーターのブレーキ警告灯を点灯させる仕組みのものも増えており、この場合も異音は鳴りません。

基本的には、キーキー音の有無に関わらず、ブレーキは可能な限り目視点検しましょう。そして3mm以下に摩耗していれば、ブレーキパッド(ブレーキシュー)を交換しましょう。

パッド摩耗以外でブレーキ付近から異音が発生する場合

ブレーキパッドが摩耗していなくても、異音が発生することがあります。

効きの良い摩材を使ったパッドでは、新品時から似たような音が鳴ることがあり、鳴き止めグリスや鳴き止めシムで対策することができます。

また、摩耗したブレーキローターにブレーキパッドだけ新品にしたときにも鳴るケースがあります。そういった場合は、ローターに合わせたパッドの面取りを行いましょう。

ローターの摩耗がひどく、面取りでは追い付かない、あるいは面取りが終わる頃にはパッドも終わってしまうこともあるので、そこまで悪化していたら素直にローターを交換しましょう。

また、ブレーキとは関係無く、ハブベアリングというパーツの摩耗で、足まわりから異音が発生することもあります。ただしこちらは金属音というよりも、金属同士が擦れる擦過音的なものが多いようです。

それら以外にも、サスペンションからの音や、ドライブシャフトからの音など、足まわりにはブレーキ以外でも異音の要因は数多くあります。なかでもタイヤの回転に合わせて音が変化するようなものは、重大なトラブルに繋がる可能性があります。すぐに点検しましょう。