一人ドライブにおすすめ!関東ドライブスポット10選

その①:首都高速道路

川崎工場 夜景 首都高速道路

首都高の夜のドライブは、美しい夜景を楽しめます。人気は、川崎の工場の夜景。なかでも湾岸線の東扇島を中心に、千鳥町、浮島、水江町、扇町界隈は人気のスポットです。

また首都高が空いていれば、王子あたりから出発し、五色桜大橋→かつしかハープ橋→レインボーブリッジ→横浜ベイブリッジという首都高を代表する美しい橋を繋いだドライブも楽しめます。

その②:宮ヶ瀬ダム(神奈川県相模原市)

宮ヶ瀬ダム

東京近郊でクルマ好きの集まるスポットのひとつが、宮ヶ瀬ダムです。都内から50kmほどの距離にあり、おもなルートは2つ。中央道八王子JCT経由または東名高速海老名JCT経由で、圏央道相模原ICを降りれば、残りは10kmもありません。

宮ヶ瀬ダムは観光用としても神奈川県が積極的に活用しており、周辺道路はほどよいワインディングになっています。そのためか、土日のパーキングは車好きが多く集まり、ちょっとしたイベント状態になることも。もしかしたら、いまでは数少ない昭和のヒストリックカーに出会えるかもしれません。

その③:羽田空港(東京都大田区)

羽田空港

東京にもっとも近い国際空港が羽田空港です。空港パーキングに愛車を止めて、展望デッキから旅客機の離着陸を眺めるのは、男子ならずともワクワクしますよね。

また、カメラ好きなら周辺の城南島海浜公園(東京都大田区城南島)や、京浜島つばさ公園(東京都大田区京浜島)も絶好の撮影ポイントです。航空機の撮影に熱中できるのも、お一人様ならではです。

その④:高尾山(東京都八王子市)

高尾山

高尾山は、中央道八王子JCT経由で、最寄りICは圏央道高尾山IC。都内から1時間30分ほどです。

登山や頂上での高尾山グルメ、近くの八王子市で八王子ラーメンに舌鼓みを打つのも楽しみですが、やはりここは国道20号で相模湖方面に向かうワインディングロードを楽しんでもらいたい。法定速度で十分楽しめます。

その⑤:石和温泉(山梨県笛吹市石和町)

高尾山まで足を伸ばしたら、もう1時間、足を伸ばして温泉を楽しむのも手。石和(いさわ)温泉は、丹沢山系を抜け、甲府盆地の東端、東京に近い場所にあります。

最寄りICは、中央道一宮御坂IC。日帰りも十分に可能な距離ですが、できれば投宿したいところ。目的は、競馬とワインです。ウインズ石和で勝馬投票券を購入したら、ワイナリー巡りを楽しめます。観光協会やタクシー会社がワイナリー巡りツアーを開催しており、送迎付きなので、思う試飲が楽しめますね。

その⑥:三峰神社(埼玉県秩父市)

三峰神社

イザナギノミコトとイザナミノミコトを主祭神とする三峰神社。創建者はなんと、日本武尊命(ヤマトタケルノミコト)。

修験道の祖とされる役小角の修業地であり、弘法大師・空海が観音像を安置。明治以前の神仏習合時代には、修験場でもありました。スピリチュアルな世界に興味のある方なら、関東最強のパワースポットと言われてもご納得いただけるでしょう。

修験場だけに交通アクセスは悪く、関越道花園IC下車後1時間30分ほど一般道を走行してようやく到着します。それでも行く価値があるのが、三峰神社です。

その⑦:群馬県渋川市

伊香保温泉

群馬県渋川市といえば、頭文字Dの舞台として有名です。ファンなら聖地巡礼に訪れたいですよね。その際に外せないスポットは、JR渋川駅、伊香保温泉石段街、伊香保スケートリンク、榛名湖あたりでしょうか。渋川駅以外は県道33号線に面しているので、道には迷わないですね。

県道33号線は、頭文字Dに登場する秋名のワインディングのモデルになった場所。運転すると、劇中に登場するファミレスやガソリンスタンドも見つけることができるでしょう。

頭文字Dは自動車業界・自動車好きにどんな影響を与えたのか?

その⑧:日本ロマンチック街道(栃木県日光市)

日光東照宮

日本ロマンチック街道は、栃木県宇都宮市から長野県上田市まで、国道120、145、146,18号を繋いだ街道で、その距離は全長320kmにもおよびます。

なかでも日光市は観光ポイントが豊富です。有名どころでは日光東照宮、華厳の滝、丸沼、尾瀬、軽井沢といった観光地をはじめ、奥鬼怒温泉、草津温泉、万座温泉など温泉も豊富。

関越道を使って、日光または長野に抜けるルートなら、日帰りで楽しむこともできますね。

その⑨:筑波山(茨城県つくば市)

筑波山

関東平野の東に位置する筑波山は、都内からのアクセスが抜群です。首都高を抜け常磐道に入れば、走行車も減り快適なドライブが楽しめるでしょう。

最寄りICは常磐道土浦北ICで、所要時間は2時間ほど。筑波山ではワンディングはもちろんですが、最大の楽しみは頂上からの景色。周囲に同じ高さの山がないため、関東平野を一望でき、天気が良い日には富士山が見えることもあるそうです。

その⑩:南房総(千葉県)

魚介類

アクアラインにおかげで、都心からの距離がぐっと近づいた千葉県。最近は、県中心部のチバニアンに注目が集まっていますが、ドライブ目的ならもう少し足を伸ばして、房総の漁港へ朝食を食べにいきましょう!自分の都合だけで行動できるのは、お一人様ならではの愉しみです。

漁港でとれたての魚や魚介類を、刺し身や浜焼きでお腹いっぱい食べたら翌週の元気もチャージできますね。目当ては、全国水揚げ量1位になったこともある伊勢エビでしょうか?

車好きは一人ドライブが当たり前?!一人ドライブの魅力5選

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives