年間約20万円お得!? 週イチの運転なら、レンタルカーのほうが安い?

クルマを持たないという人の選択肢が増えている

カーシェアリング

数年前から台頭してきたカーシェアリング。主要都市のコインパーキングで、カーシェアリング用として駐車してあるクルマを見かけるのではないでしょうか。

一方、レンタカーにも中古車を使うことでコストダウンを実現した格安レンタカー会社が増えています。加えて最近では、”個人間でのカーシェアリング”をスマホアプリで進める取り組みも展開されており、『クルマを持たない』ための選択肢が増えてきています。

ライフスタイルの多様化を鑑みると、それも現代的な話なのでしょうが、クルマ好きにとっては『クルマを所有しない』なんてことは少々理解に苦しむところ。とはいえ、年間の維持費が家計に重くのしかかることも事実です。

では所有とレンタルで、どれだけコスト差が出てくるのでしょうか?

所有かレンタルか…月にかかるコストや如何に?

ホンダ ヴェゼル 2016

ホンダの人気SUV、ヴェゼルを例にして考えてみましょう。

■ヴェゼル HYBRID X Honda SENSING(FF)
Honda SENSING、Honda インターナビ+リンクアップフリーETC、16インチアルミ 
支払い総額2,859,360円
実質年率3.5% 60回均等払い(頭金137,960円) 初回49,886円+49,500円×59回
ローンでの支払い総額…2,970,386円

月額概算を考えてみると、
・月の返済額49,500円
・月極駐車場代20,000円
・月ガソリン代5,000円

車検代や税金も後にかかってきますが、とりあえず初年度額としては、月額74,500円といったところになります。

では、レンタカーの場合はいくらになるのでしょうか?

ホンダ ヴェゼル

某レンタカー店の、ヴェゼル HYBRIDのレンタル代は、24時間まで12,528円です。

週末1日だけ乗ったとすると、月4.5回ほどのレンタル回数なら(12,528円×4.5)56,376円となります。加えてガソリン代が同じく月5,000円と試算すると、レンタカーは、月額61,376円です。

これを年間ベースにならして計算してみると
・購入の場合…74,500円×12回=894,000円
・レンタカーの場合…61,376円×12回=736,512円

となり、年間157,488円レンタカーのほうがお得ということになります。またここには自動車税や任意保険、他維持費は加算していませんので、もし加算した場合は、さらにレンタカーのほうがお得になっていきます。

では本当にレンタカーのほうがお得と言い切って良いのでしょうか?

次ページ本当にレンタカーのほうがお得と言い切れるのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives