レクサスのフラッグシップ クロスオーバー『LF-1 Limitless』ってどんな車?

LF-1 Limitless(リミットレス)とは?

レクサス LF-1 Limitless 2018

LF-1 Limitlessは、レクサスブランドの次世代を担うクロスオーバーSUVです。

SUVとしては長いフロントノーズに、後端に向かってなだらかに下るルーフ形状という、流行のクーペスタイルを取り入れたスタイリングは、日本刀にインスピレーションを受けたもの。切れ味の良いエッジの効いたデザインが特徴です。

大きなスピンドルグリルに、立体的なデザインに溶け込むベッドライトで構成されるフロントマスクは、近未来的な要素を感じさせます。一方、テールランプは左右繋がったデザインで、張り出したリアフェンダーをより強調します。

ボディサイズは、全長5,014mm×全幅1,986mm×全高1,605mmで、ホイールベースは2,974mm。全高、全幅こそは、ランクルをベースとするレクサスLXとほぼ同じ数値ですが、全高は約300mmも低いフォルムとなっています。

サイズの割には全高が低めなことから、車体の高級感だけでなく、走りの質も高そうですね。

未来のレクサスが目指すインテリア

レクサス LF-1 Limitless 2018

インテリアではより乗員との親和性高めたインターフェイスを提案。フロントシートには、ドライバーのジェスチャーで操作を行えるモーションコントローラーを採用しています。

ドライバーが運転に集中できるよう、インパネ周りのスイッチ類やシフトレバーを排除。リバースやパーキングのスイッチは、ステアリングに配置されています。

また後部座席には、高級車のひとつテーマとも言える「くつろぎの空間」を提供するため、快適機能などを一括して操作できるマルチオペレーションパネルやエンターテインメントシステムを採用。乗員を飽きさせない快適性を、広々とした空間とともに実現しています。

さらに、乗員の頭上には大きなガラスルーフをセット。景色を存分に楽しみながらドライブができそうです。

パワートレインは?

レクサス LF-1 Limitless 2018

レクサスでは、2025年までにすべてのモデルにEV専用もしくはEVグレードモデルをラインナップすることを目標としており、LF-1 Limitlessは、そんな未来を担うレクサス車の1台として考えられています。

これまでのスタンダードであったガソリンエンジンに加え、ハイブリッドやプラグインハイブリッド、EV、燃料電池など、あらゆるパワートレインの搭載が想定されています。

LF-1 Limitlessはコンセプトモデルですが、高級クロスオーバーはレクサスとしても看過することができないマーケットになっています。そのため、おそらくそれほど遠くない時期に、同様のモデルが市場へ投入されるでしょうね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives