車両重量999kgを実現!? ランボルギーニが採用する"フォージドコンポジット"技術とは?

異業種との共同開発で誕生

Japan

「フォージドコンポジット」は、ランボルギーニ、キャロウェイ、名古屋工業大学の共同開発から誕生した新しい素材です。

ちなみに、名古屋工業大学では、2013年に日本オートモービル・ランボルギーニ先進複合材構造研究所(Automobili Lamborghini Advanced Composite Structures Laboratory Japan【ACSL Japan】)を設立。

米シアトル・ワシントン大学のランボルギーニ先進複合材構造研究所所長 パオロ・フェラボリを研究教授として迎えたACSL Japanでは、フェラボリ氏が開発した、炭素繊維と樹脂の複合材料を金型を用いて軽量な炭素繊維複合材部材を短時間に量産する技術(フォージドコンポジット技術)を中心に自動車や航空機関係などさまざまな企業と共同で次世代材料のCFRPの研究・開発を行っています。

フォージドコンポジット技術とは?

フォージドコンポジット技術

フォージドコンポジットは、金型に入れた炭素繊維にエポキシ樹脂などを浸みこませ、130℃に加熱し60barの圧力でホットプレスする手法で作られます。複雑な形状のパーツでも簡単に作れるのが画期的と言われています。

また、通常使われるプリプレグオートクレーブ成型では6時間程度かかるところ、フォージドコンポジットではわずか9分以下で生産が可能。コスト面でも通常のカーボンに比べ30%も抑えることが可能になるという技術なのです。年々その技術は進化しており、生産時間もどんどん短縮されています。

次ページ採用車種は?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事