ターボ車の「プシューッ」という音。ブローオフバルブの効果とは?

ブローオフバルブとは?

スバル モータースポーツ STI

ブローオフバルブとは、ターボで過給された圧縮空気を排出する(=過給圧が許容範囲を越えたときに解放する)パーツです。本来はターボチャージャーの破損につながるサージングを、バックタービンの圧力を逃すことで防止するためのもの。

市販車では、リサーキュレーションバルブと呼ばれるタイプが採用されており、開放した空気はコンプレッサーの手前に戻されますが、アフターで販売されている競技用パーツは、そのまま外気に解放するので「大気開放タイプ」と呼ばれます。

ターボ車が走行しているときに聞こえる独特の「プシューッ」という音は、ブローオフバルブが解放され、圧縮空気が抜ける音なのです。

ブローオフバルブがないとどうなる?

もし、ターボ車にブローオフバルブが付いてないと、スロットルが閉じられた際に、コンプレッサーで圧縮された吸入空気はスロットルに遮られて行き場を失い逆流します。

この逆流した空気はコンプレッサーに逆回転の圧力を与えることになり、ターボチャージャーの回転速度は急激に失われ、過給圧も低下してしまいます。

結果、最悪の場合にはタービンブレードやタービンのメインシャフトの変形・破損といった事態になりうるケースもあるのです。こういった事態を防ぐために、ブローオフバルブは、ターボ車に標準装着されています。

ブローオフバルブを強化品に換える意味ってあるの?

アフターパーツメーカーが販売している強化品と呼ばれるブローオフバルブがあります。ユーザーのなかには、強化品に換えている人も少なくないでしょう。

この強化品は、ノーマルよりも高い圧力でバルブが開くように設定されたもので、交換によって”高ブーストが可能になる”、”安定したブーストが得られる”、”ノーマルと同条件のブーストなら作動量が減り、耐久性にも寄与する”といったメリットを得ることができます。

ただし、圧縮空気を開放する圧が高まっているので、エンジンブローの危険性が高まったり、車検に通らないなどのデメリットもあります。

通常の使用であれば、ブローオフバルブを純正から強化品に換えるメリットは、ファッション以外はそれほどないのかもしれません。そのため、エンジン保護はもちろん、環境にも悪い大気開放タイプにすることは、競技目的以外ではあまりおすすめできません。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives