車庫はなぜ自宅から2km以内でなければならないのか?

戦後まもなく制定された車庫法では500m圏内で規定されていた

ガレージ

自動車を購入する場合、購入時にかならず必要となる書類が”車庫証明”です。

車庫証明とは、自動車の購入者が保管用の場所を自宅から直線距離で2km以内に確保していることを警察署が証明する書類です。自宅から2km以内という規定は『自動車の保管場所の確保等に関する法律(車庫法)』で決められています。

車庫法は昭和27年に制定された法律です。それ以前は、自動車を所有するために車庫を用意する義務はありませんでした。しかし、多くの自動車が行き交うようになると、道路上を保管場所とした車の路上駐車が社会問題となります。これを制限する対策法が車庫法だったわけです。

制定当初、車庫は自宅より500m以内でなければなりませんでした。500m以内に車庫がない場合、お金があっても自動車を購入することができません。つまり、商談がまとまったとしても自動車購入契約を結ぶことができないため、ユーザーはもちろん販売店にとっても問題でした。

そのため、自動車販売連盟などの業界団体の申し入れもあり、現在は自宅から直線で2km以内にまで緩和されました。

ちなみに2kmは徒歩何分?消費カロリーは?

自宅から2kmというと結構な距離ですよね。

不動産業界の慣例では、1分の歩行距離を80mと定めています。この慣例に従えば、2kmは25分です。しかし実際には直線的に2kmということはありえないので、30分程度はかかると見てよいでしょう。

そのときの消費カロリーは、おおよそ100kcal。茶碗1杯分のごはんの約80%に相当します。割と良い運動になりますね。

車庫証明が必要なかった軽自動車が大ヒット!

日産 デイズ

自宅から離れた車庫に行くのは面倒!? というユーザーのなかには、購入時に車庫証明の提出が不要という理由から軽自動車を選ぶ方もいます。

実際には自動車を購入するのですから車庫を準備し、管轄の警察署に届け出を行う必要があります。しかし、警察が現地調査に来ることはなかったので、自宅敷地内のちょっとしたスペースを車庫として届け出て、前面道路をまたいで駐車などという悪質な行為も行われています。

ちなみに軽自動車の購入時に車庫証明の提出が必要なのは、県庁所在地の都市、人口10万人以上の市、東京や大阪の30km圏内の市です。

では、そもそも車庫はなぜ自宅から2km以内と定められたのでしょうか?

次ページ車庫はなぜ自宅から2km以内でなければならないのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事