あなたのドライビングポジション、最適化されていますか?チルト・テレスコピック機能とは?

チルト・テレスコピック機能とは?

チルト・テレスコピック機能

量販車を購入する方は、世界中に何十万人といます。そのなかには、身長の高いオーナーもいれば、横幅が大きなオーナーもいます。

それぞれの体格に適したシートやハンドルポジションを用意できれば、調節機能など必要ないのですが、現実的にはそうはいきません。製造・購入コストが増加し、生産効率も低下します。販売価格を高額に設定しなければ、自動車メーカーは利益を生み出せなくなるでしょう。

となると量販車ではなく、もはやスーパーカーの世界になるわけで、安価な価格のままでのカスタマイズは困難です。でも正しいドライビングポジションは、安全運転に重要…。

という無限ループから抜け出すためなのかどうかはさておき、ほとんどの量販車にはシートやハンドル位置の調節機構が採用されています。

シートは、ほとんどの量販車で、座面の前後スライドと高さ、背もたれの角度調整が付いています。

一方ハンドルには、チルトとテレスコピック機能が用意されています。

チルトはハンドルを上下に、テレスコピックはハンドル(ステアリングホイールまでの距離)を前後に調節する機能です。シートの各種調節機構と併用すると、自分にあったドライビングポジションに近づけることができるのです。

次ページチルト・テレスコピック機能のメリット・デメリットは?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事