片側だけサスペンションの交換…これって問題ない?

サスペンションとは?

サスペンション

サスペンションは、路面からの振動を乗員に伝わらないようにするのと同時に、車体の破損を防ぐためにも、なくてはならないパーツです。

サスペンションは大きく分けて、スプリング(バネ)とダンパー(ショックアブソーバー)で構成されています。

振動を吸収するならスプリングだけでもこと足りそうに思えますが、スプリングだけでは、一度振動が入ると、そのまま伸び縮みを繰り返すことになります。

スプリングの伸び縮みが止まらないと、ハンドリングの悪化はもちろん、乗り心地にも悪影響を及ぼします。

一方、注射器のような構造をしたダンパーは、押し引きする際、空気の通り道が狭いので抵抗があります。このダンパーの抵抗が、スプリングの伸縮を抑制しています。簡単にいうと、これが減衰力です。

スプリングの弾性とダンパーの減衰力は、車両の左右で異なることはまずありません。フロントならフロント、リアならリアで左右輪に同じ数値のものが使われています。

乗り心地にも大きく影響するサスペンションですが、片側だけの交換でも問題ないのでしょうか?

1本だけ交換の場合

車高調

たとえば、4輪に配置されたサスペンションのうち1本だけにダンパーのオイル漏れが発生し、交換が必要なったとしましょう。

ダンパー(厳密にはスプリングも)は、使用するほど性能が低下するパーツです。

つまり、ダンパーを使用した距離(時間)にもよりますが、左右の片側だけを交換した場合は、サスペンションの左右バランスが悪くなってしまいます。

これは乗り心地の悪化だけでなく、場合によっては、危険な車になってしまうかもしれません。

走行距離が5万㎞を超えているなら、4輪すべてを交換するやり方が理想ですが、少なくとも左右の2本を同時に交換することをお勧めします。

ただし、走行距離が1万㎞に満たないようであれば、片側1本だけの交換でも支障はないでしょう。とはいえ、1万kmでオイル漏れが発生するようであれば、そのパーツは不良品ということになり、まず通常では起こりません。

前輪or後輪の2本だけを交換

では走行距離に応じて、フロントもしくはリアの左右を同時に交換すれば良いのでしょうか?

先ほどと同じようにそれが5万km以上走った車だとしたら、前側の2本だけを寿命で交換した場合、後ろ側も同じように寿命を迎えている場合がほとんどです。

お店で交換する場合は、4本同時に交換してしまったほうが料金を安く設定していることが多いです。

また、走行距離だけでなく新車登録から10年以上経っている場合も、サスペンションは著しく劣化している場合があります。

交換は1本でも問題ない場合、2本交換したほうが良い場合、4本すべて交換したほうが良い場合と、ケースバイケースであるこということを頭に入れておきましょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事