追いつ追われつ…クルマ好きはなぜ好きなクルマと出会うと追いかけたくなるのか?

憧れのクルマは人それぞれ

ルノー 5ターボ

昔なら「スーパーカーブーム」などがありましたが、クルマの種類が増えた今となっては、どのようなクルマを追いかけたくなるかは、人それぞれ。

なかには、いつの時代でもクルマ好きを引きつけてやまないスーパーカーを追いかける時もあるでしょう。

本気で走られると、並のクルマではとても追いつけないので、見えなくなるまで自分も一生懸命走って、「やっぱりスゴイ!速い!」と感心するのも、いい思い出です。また、雑誌で見たような昔のラリー車のレプリカ、スポンサーステッカーまで忠実に再現している車を追いかけた人もいると思います。

ある意味で貴重、かつ現代のクルマほどの耐久性を持たず、非常に人目につくクルマは、高速道路などで出会っても悠然と流すように走っている事が多いです。

ルノー 5ターボのように独特のリアスタイルを持つクルマは、追いかけているだけで浮き立つような気持ちになります。

思わぬレア車を見かける事も

また、先に書いたような一般的に誰が見ても「スゴイ!」と思うようなクルマだけが追いかける対象になるとは限りません。

世の中にはさまざまな事情で世に出た台数が少ないクルマ、あるいは現存台数が少ない「レア車」というものが存在します。クルマそのものがレアな場合もあります。

例えば、目の前をオーテック ザガートステルビオが走っていたら、原型の日産F31型レパートと何か共通点があるのか探しながらテールを追いかける事もあるでしょう。

その他に、クルマそのものは何という事の無い大衆車だけども、レアなグレードという場合もあります。

トヨタ カローラが前を走っているのを見つけて、よく見たら「カローラGTだ!」と気づいて追いかける事もあるでしょう。

また、日産 サニーを見つけて、エンブレムからスポーツツインカムのSR16VEを搭載した「B15型のサニーVZ-Rだ!」と気づけば、一体どんな人が乗っているのだろう?と想像するのもまた楽しいものです。

次ページ追って追われて、追われて追って…

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事