10年、20年後も、"RX-7やスープラはよかった"と車好きは語るのか?

GT-R

バブル期~2000年代初頭まではスポーツカーも現在より多くラインアップされていました。恐らくその頃乗っていたよ、という方も多い事でしょう。翻って現在、スポーツカー復権の兆しはあるものの、ラインナップは正直まだ寂しいのが正直なところ。私達はかつてのスポーツカーたちに思いを馳せ続けるしかないのでしょうか?

Chapter
現在もスポーツモデルはある、しかし…
かつてのスポーツカーは求めやすかった?
スポーツカーは若者向けではなくなったのか?
スポーツカーの未来の鍵は税制度が握っている!?

現在もスポーツモデルはある、しかし…

2015年、2016年はスポーツカー復権の年だった、と言えるかもしれません。ホンダはS660、シビックタイプR、そして本命の新型NSX。ダイハツもコペンの新型をリリース、負けじとスズキはアルトワークを復活。マツダは新型ロードスターをリリース、2.0リッターモデルも投入で活気を見せています。トヨタも好調の86以外にも小型FRモデルをリリースの構え。

しかし、です。現実的な価格で買えるスポーツモデルは86(BRZ)、ロードスター、軽スポーツというのが実情ではないでしょうか。

かつてはボーイズレーサー的な立ち位置もあったシビックタイプRは400万円以上で完売、圧倒的なパフォーマンスのGT-Rも約1,000万~、新型NSXにいたっては約2,400万円というプライスタグ。

もちろんその卓越した性能を鑑みれば国産スポーツは「破格」という見方もできましょうが、我々一般人の感覚からするとちょっと手が届きにくい次元にいってしまってるのも事実。正直「かつては良かった…」と回顧してしまうのも無理からぬ話です。

かつてのスポーツカーは求めやすかった?

スポーツモデルが百花繚乱だった時期のモデルの新車価格を少しだけ。
・RX-7(FD3S)…340~400万円
・スープラ(JZA80)…284~474万円
・シルビア(S15)…177万円~276万円
・セリカ GT-FOUR(ST205)…330万円

おおよそこれくらいの価格です。20年以上前のモデルもあるので、現在の市場価格と比較しにくい部分もありますが、大卒初任給は20年前と比して15%ほどの上昇しかしていないのでそれを鑑みれば、実際のところ若者にもかなり手に入りやすいモデルが多かったといえますよね。

<次のページに続く>
次ページ
スポーツカーは若者向けではなくなったのか?