ゴツい、強い、デカい!ハマーの最強ラインナップ

ハマー H1

ハマー H1

1992年10月にデビューしたハマーの初代モデルがH1です。

前身はアメリカ軍の軍用車両として配備されていたハンヴィー(High Mobility Multipurpose Wheeled Vehicle)で、基本構成部品を共有しているのが特徴。このハンヴィーを市販車両として改良したモデルがハマーH1です。

誕生したきっかけは、アメリカの俳優、元政治家として有名なアーノルド・シュワルツェネッガー氏の要望によるものでした。

3トンを超す大柄なボディを活発に動かすためのH1のエンジンは、6.2LのV8ディーゼルで、1994年には6.5Lに排気量を拡大。翌1995年には、5.7LのV8ガソリン、さらに翌年にはV8ターボディーゼルがそれぞれ追加されました。また2006年モデルでは、エンジンがいすゞ製のディーゼルに置き換えられ、車名もH1アルファに変更されています。

ハンヴィーとは異なり、軍用車両として使われる例は多くありませんでしたが、日本では北海道警察やNTTドコモなど災害対策車両として採用されていたこともありました。

しかし燃費はリッター4kmほど。時代に見合わない性能だったことから、販売不振に陥り2006年を最後に生産を終了しました。

ハマー H2

ハマー H2

外観のデザインこそH1を踏襲していますが、H2のベースはシボレーのピックアップトラック、タホです。

エンジンは、6.0LのV8。ただし足回りも一般的なダブルウィッシュボーンと5リンクリジッド、ラダーフレームの位置も低く、さらにトランスファーがぶら下がっているなど、どちらかといえばオンロード向けのモデルでした。

とはいえ、SUVとしての性能や居住性は悪くなく、多くの人にハマーの魅力を知ってもらうきっかけとなったモデルでもあります。販売台数は、H1の11,818台から153,026台と、飛躍的に伸ばしています。

販売期間は2002年~2010年。H1と併売されている時期もありました。

ハマー H3

ハマー H3

H3はシボレー コロラドをベースとし、H2よりも小型になっているのが特徴です。そのボディは、決して小さくはないのですが、日本の道路事情にもっともマッチしているハマーと言えるでしょう。

販売当初、エンジンは3.5Lのみで、大柄のボディにはやや物足りないエンジンフィールとなっていました。これを受け翌年には5.3リッター8気筒エンジンを搭載するモデルが登場しています。

悪路走破性が高く、2007年のダカール・ラリーでは四輪部門総合8位にランクインしました。

2008年にはピックアップトラック仕様のH3Tも登場しており、現在でも比較的見かける機会の多いモデルです。

この記事をシェアする

最新記事