ポルシェにセンチュリーのV12エンジンを載せたらどうなるのか?

911が911である理由

ポルシェ 911 ターボS

1963年のデビュー以来、ポルシェのフラッグシップとして世界中のエンスージアストが一度は憧れるモデルです。

911は、水平対向6気筒エンジンをリアオーバーハングに搭載し、低重心とRRレイアウトからくるトラクションの良さから、数々のレースで実績を残してきました。

ポルシェはそのレイアウトに限界を覚え、フラッグシップモデルの転換を図ったこともありましたが、それを市場は受け入れず、911は生産され続けています。

長い911の歴史をみると、ボディが拡大されていることがわかると思います。これは、RRという限られたスペースに、当時の最高のエンジンを搭載し、最良のハンドリングを生み出すためにポルシェのエンジニアが苦労した証。

つまり、時代によって大きくなってはいるものの、エンジンおよびエンジンルームは、いつも余裕のない状態になっているのです。

センチュリーのキャラクターとV12エンジン

トヨタ センチュリー

トヨタのセンチュリーは、1967年の出自より言わずと知れた日本を代表するショーファードリブンです。さまざまな企業から皇室にまで採用される唯一のハイエンドモデルと言っていいかもしれません。

搭載されるV12エンジンは、4,996ccという大排気量と合わせて、国産唯一のV12型エンジンが特徴です。フェラーリやランボルギーニのような超高回転ユニットと異なり、ほぼスクエアな81.0×80.8mmというボアストローク。

アクセルに素早く反応するというよりは、日常の操作を受け付けながら圧倒的なゆとりを実現するような余裕のあるエンジンです。重量級の車体にたくさんの人を乗せても、快適なドライブを実現するためには、スポーツ性よりも扱いやすさやマイルドな出力特性が優先されたエンジンなのでしょう。

そもそもこのV12というレイアウトは、直列6気筒エンジンを2つ繋げた構造で、センチュリーの場合は片方の6気筒が不具合を起こしても、もう片方で走行し続けることができるというエンジンになっています。

大事な人を乗せながらゆとりのある走りを実現するためのV12エンジンは、英国のジャガーやロールスロイスを思い起こさせる、独自の味わいがあるかもしれませんね。

実際に積んだらどうなるか?

実際にポルシェ911に、センチュリーのV12エンジンを搭載したどうなるでしょうか?エンジンの寸法が合わないじゃん!というツッコミは無しにして子供の頃の夢をちょっとだけ妄想させて下さい。

先に述べた通り、911の命は、低重心エンジンとRRレイアウトからくるトラクションだと考えます。単純に6気筒の倍あるV12が搭載されれば、リアタイヤにはさらなる荷重がかかることになります。想像するとリアヘビーが、スゴイことになりそうです。

さらに水平対向がV型エンジンになるわけですから、決してバランスが良いとは言い切れません。911の悪癖!?ともいえるシーソー現象は加速の一歩を辿るでしょう。恐ろしくてアクセルを踏むどころではないかもしれませんね。

それでもV12を載せるとしたら?

非現実的な妄想はさておき、実際にポルシェにセンチュリーのV12エンジンを搭載することは可能なのでしょうか?

答えはYes。実際に、フロントエンジンの928に搭載したオーナーがいたのです。

エンジンをスワップした本当の理由はわかりませんが、ミッションをリアアクスルに配置するトランスアクスルレイアウトの928であれば、ミッションをドッキングさせるためのベルハウジングなどを制作する必要がなく、スワップ作業は比較的簡単そうです。

また、エンジン制御も今となっては簡単な電子制御(Lジェトロ)なので、ECUごと載せ替えるか、アフターのフルコンで制御することが容易。問題はエンジンルームのスペースですが、928のV8も初期モデルで4.5Lという排気量(ボア×ストロークは95×78.9mm)だったので、それほど大きさは変わらなかったのかもしれません。

最高出力は、センチュリーが280ps。928は、1980年式のSで300psですが、トルクはセンチュリー(1997−2005年)が 481N·m(49.0kgm)、928Sは43.9kgmと、ほぼ近い数値なのです。

高回転ユニットでないからこそ穏やかな特性でパワーを与えてくれるセンチュリーのV12エンジンなら、性能、サウンドともに、928をより上質なスポーツサルーンに仕立て直してくれそうです。

【動画】ポルシェ928にトヨタ V12エンジンを載せてみた

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事