新型スバル WRX S4、フラッグシップモデルとしてさらに磨きがかかったその内容とは?

より熟成されたWRX S4

スバル WRX S4 2017

2017年7月3日、スバルはWRX S4のマイナーチェンジを行い、8月から販売を開始することを発表しました。この新型WRX S4は、同時に発表されたレヴォーグ同様、「アイサイト・ツーリングアシスト」を塔載しています。

加えて、フロントグリルおよびフロントバンパーのデザインを変更するとともに、ヘッドライトとフロントフォグランプをLED化。ホイールデザインも変更し、シャープな印象を強めました。

なお、ヘッドライトはステアリング連動型となっており、より夜間での進行方向の視認性が向上しています。

インテリアに関しては、8インチのナビに対応したセンターパネルを始め、細かいところでブラッシュアップが行われています。

同時に改良が発表されたレヴォーグは、パワーユニットおよびプラットフォームを同じくする兄弟車ですが、エクステリアデザインの違いで、それぞれのキャラクターを引き立たせている興味深いところです。

■WRX S4 スペック
エンジン…FA20型 水平対向4気筒 2.0L DOHC 直噴ターボ
最高出力…221kw(300ps)/5,600rpm
最大トルク…400Nm(40.8kgm)/2,000-4,800rpm
車両重量…1,540kg
JC08モード燃費…13.2km/L(12.4km/L ※GT-Sモデル)

進化を続けるアイサイト

スバル WRX S4 アイサイト

ステレオカメラ機構を使用し、高い安全性能が評価されているアイサイト。今回のWRX S4に搭載されたアイサイトは、Ver.3にツーリングアシスト機能を追加したものです。

このツーリングアシストは、0〜約120km/hの幅広い速度域で、アクセル、ブレーキ、ステアリング操作を自動でアシストするもので、区画線と先行車の両方を認識することで、渋滞から高速巡航まで、ドライバーの負担を軽減するもの。

これまでは、60km/h以上の速度でのみ作動していたものを、0km/h~に変更したことで、実質、国内では実用速度域のすべてで作動するものとなりました。

これにより、渋滞時のみならず、ドライバーの疲労・負担や不注意による誤操作を減らし、事故を未然に防ぎます。

また、後退時自動ブレーキシステム、フロントビューモニター(GT-S EyeSight に標準装備)など、ツーリングアシスト以外でも進化を遂げています。

日本限定モデルであるWRX S4の存在意義

スバル WRX S4 2017

今回、発表されたWRX S4は、基本的に日本国内仕様です。スポーツ志向の強い、やや尖がったWRX STIよりも、マイルドで、よりコンサバなスポーツセダンとして、幅広い層にアピールするモデルと捉えることもできます。

スバルが発表している月販目標台数は325台。同じくマイナーチェンジが行われたレヴォーグの目標台数が2,000台という点を考えると、国内ユーザーの嗜好の変化がセダンに向いていないことが垣間見えます。

とはいえ、所有するのにはある種の割り切りが必要なWRX STIに対し、S4はハイスペックかつファミリーユースでも充分に使える性能を備えています。また、なによりこの時代に221kW(300ps)というハイスペックを誇るAWDスポーツセダンを変わらずリリースし続けるスバルに、拍手を送りたいところです。

■WRX S4 販売価格(税抜)
・2.0GT EyeSight…312万円~
・2.0GT-S EyeSight…346万円~

さらなる熟成で快適性もアップしたWRX S4。より評価を受けてしかるべきモデルといえるでしょう。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事