スリップストリームって本当に効果あるの?

スリップストリームとは?

スリップストリーム

かつて80年代のジャンプ漫画の「よろしく!メカドック」のレースシーンでは、「俺のスリップストリームを破ってみろ!」「おぉぉ!マシンが後ろに引き寄せられるようだ!は、離れない!」などというセリフでスリップストリームが描写されていました。

セリフだけを聞いていると、ブラックホールをイメージするとんでもない現象のようにも思えます。はたしてスリップストリームとは何でしょう?それは、誰でも利用できるものなのでしょうか?

物理現象としてのスリップストリーム

結論から言えばスリップストリームは、物理現象およびそれを利用したドライビングテクニックです。

地球は大気で取り囲まれています。この大気は自動車にとっては目に見えない壁そのもの。この壁を車体前方で切り裂きながら、自動車は走行します。

高速走行時、車体によって切り裂かれた大気は、車体後部で急激にもとに戻ろうとします。少々大ざっぱですが、この現象がスリップストリームです。

ドラテクとしてのスリップストリーム

スリップストリームを発生させている車両の後部は、気圧が低く、空気抵抗が比較的少ない状態になります。

そこに後方から近づくと、ある距離から急激に前走車に引っ張られるような感覚を覚えるでしょう。前走車は、反対に後方に引っ張られます。これが、「おぉぉ!マシンが後ろに引き寄せられるようだ!は、離れない!」の理由です。

スリップストリームのなかでは、空気による抵抗が少ないので、アクセルの開度を緩めても、速度を維持することができます。これを利用して、勝負時にはアクセルを全開にして相手を一気に抜き去るドライビングテクニックが、モータースポーツ界でのスリップストリームの使い方です。

しかし、現代のモータースポーツは、空力付加物によって走行中のクルマを安定させているという面もあるので、スリップストリームを使うと、その効果が十分に発揮できなかったり、前走車の乱流に巻き込まれてハンドリングが不安定になるというデメリットもあるのです。

もしも我々一般人がスリップストリームを使用するなら、高速道路で前走車にピッタリと張り付き、「風よけ」として利用しつつ燃費を稼ぐことができそうですが、はたしてどうなのでしょう?

次ページスリップストリームは本当に効果があるのか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事