【車好きインプレ】 輸入ミニバンの王者?メルセデスの新型Vクラスはどのような走り?

メルセデス Vクラスの走りを動画で紹介!

メルセデス Vクラスは、割り切った作りが魅力?

無題

エクステリアは、Aクラスから始まったメルセデスデザインでまとめられ、GLAの流れを組んだ顔つきです。日本車のミニバンはFFですが、メルセデスのミニバンはFRです。

インテリアのデザインは、良くも悪くも質素です。これには理由があり、欧州のミニバンはもともとが商用車なので、質素な作りになっています。日本だけがファミリカーとして定着しているので、日本だけのためにインテリアデザインを変更しコストをかけるのは、メルセデスからすると投資効率が悪いのです。

とはいえ、スライドドアは電動式ですし、リヤのハッチバックも電動で開閉します。

7人乗りのシートは、後席5人を向かい合わせにすることが可能。2列目シートを取り外せば、広大なラケッジスペースが現れます。シートは、メルセデスらしい頑丈な作りで座り心地もしっかりしています。

安全装備に関しては、ブラインドスポットモニターやレーンキーピングアシスト、プレセーブ、360度カメラといった基本装備に加え、80キロ以上で走行中に横風にあおられたときに車を安定させるクロスウインドアシストという機能も付いています。

Cクラスや旧型Eクラスと同じ651型2.2L 直噴ディーゼルターボエンジンは、最高出力120kW(163ps)/3,800rpm, 最大トルク380Nm(38.7kgm)/1400〜2400rpmと、デチューンされています。組み合わされる電子制御7速の7G-TRONIC PLUSです。

メルセデス製が作ったミニバンは、はたしてどんな走りをみせてくれるのでしょうか?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事