メルセデスベンツ 3代目Vクラス(447811C/447815C型)は「快適さ」と「安心感」を兼ね備えた乗り心地に注目!

メルセデスベンツ 3代目Vクラス

世界最高水準の安全性能やどんな道でも体感できる運転のしやすさ、充実の機能が備わったリアシート(後席)や大容量のラゲッジルーム(荷室)など、魅力いっぱいのメルセデスベンツ 3代目Vクラス(447811C/447815C型)。

そんな3代目Vクラスの乗り心地は一体どうなっているのでしょうか。今回は3代目Vクラスの乗り心地について紹介します。

Chapter
メルセデスベンツ 3代目Vクラスの室内はスタイリッシュなデザインと充実した機能を両立!
メルセデスベンツ 3代目Vクラスは2.2Lディーゼルターボエンジンのパワフルな走りに注目!
メルセデスベンツ 3代目Vクラスはインテリジェントドライブが安全運転をサポート!

メルセデスベンツ 3代目Vクラスの室内はスタイリッシュなデザインと充実した機能を両立!

メルセデスベンツ 3代目Vクラスのインテリア(内装)は心地よさと洗練されたデザインが高次元で融合しており、長距離移動でも疲れにくい設計となっています。

すっきりとした造形のダッシュボードにはスタイリッシュなディスプレイやスイッチ類、美しい仕上げのインテリアトリムがあしらわれています。大面積のインテリアトリムに随所にあしらわれたシルバークローム仕上げの精緻な細部がもたらすな上質な手触りも相まってスタイリッシュで心地よい移動空間となっています。

上質な肌触りの本革が採用されたフロントシート(前席)には、電動ランバーサポートが備わっており、乗車する人に合わせてシートの高さや前後調整、腰部の調整を細かく行えます。メモリー機能も備わっているので、よく使う設定を記憶させることが可能です。

さらに、フロントシートには3段階の暖かさを選択できるシートヒーターやアームレストも備わっており、快適な空間となっています。

リアシートにオプションで設定されているエクスクルーシブシートにはリクライニング機能やヘッドレストクッション、オットマンといった充実の機能が備わっています。この他にもシートヒーターやシートベンチレーターも装備されており、さながらファーストクラスと言えるほどの極上の空間を実現しています。

メルセデスベンツ 3代目Vクラスは2.2Lディーゼルターボエンジンのパワフルな走りに注目!

メルセデスベンツ 3代目Vクラスのエンジンには高い環境性能とパワーを両立した2.2L直列4気筒直噴ディーゼルターボエンジンが採用されています。全域にわたる圧倒的なトルクが力強い加速と優れた運転性を発揮し、街中のキビキビした走りから、ゆとりある高速巡航まで可能にします。

このパワフルな走りを実現するエンジンに加え、3代目Vクラスのサスペンションには、AGILITY CONTROL サスペンションが採用されており、正確なハンドリングと高い快適性を実現しています。セレクティブダンピングシステムにより走行状況に応じて減衰力が変化し、通常走行時には快適な乗り心地、コーナリング時には高い減衰力を発揮します。

また、選んだモードに応じてスロットルレスポンスとシフトタイミングが変化する4つのドライビングモードが設定されており、その日のドライバーの気分に合わせてセッティングを変更できます。快適性や燃費を優先するモードやスポーティなドライビングを愉しめるモードなど、様々なモードが設定されています。

<次のページに続く>
次ページ
メルセデスベンツ 3代目Vクラスはインテリジェントドライブが安全運転をサポート!

吉田 恒道

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道