ドリフトのキーとなる荷重移動とは何?

荷重移動とは何?その意味は?

ドリフト(サザンサーキット)

荷重とは、物体に働く力の大きさを意味します。

自動車の動きでは、発進、停止、旋回などの運動により荷重が生じます。静止時には、前後左右、4つのタイヤにほぼ均等に荷重がかかっています。

それが発進時には後方に、ブレーキ時には前方に、左右に曲がる時には曲がる方向とは逆の外側に荷重がかかります。

走行に応じて、絶え間なく荷重は移動しており、これを荷重移動と呼びます。自動車がドライバーの意のままに走行できるのは、荷重移動をアクセル、ブレーキ、ステアリングなどで調整しているからです。

運転の上手な人はスムーズな発進、停車をします。左右折時にも滑らかに曲がります。

荷重移動を穏やかにコントロールすることで、乗員の姿勢は一定に保たれ、快適な乗り心地となります。

一方で、急発進、急ブレーキ、急な左右折で極端な荷重移動を行うと、乗員の頭は揺さぶられ、車酔いをする恐れもあるでしょう。

次ページ荷重移動でドリフトを可能に!

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事