【車の豆知識】欧州車に多いダウンサイジングターボ…そもそもターボってどんな仕組み?

動画で解説!

ターボってどんな仕組み?

ターボ

シリンダー内で空気と燃料の混合気を爆発させることでパワーを発生しているエンジン。誤解を恐れずに言ってしまえば、一度の爆発に使われる混合気の体積が大きくなれば、より大きなパワーを得ることが可能です。

しかし、空気の流れる速度には限界があり、それを越えるためには、何らかの装置が必要になります。その代表的なものが、ターボチャージャーです。このターボチャージャーは、排気ガスの圧力で一方のブレードを回し、その回転力を使ってたくさんの空気をエンジンに送り込む装置です。

ただし、この構造では際限なくブースト圧が上がりすぎてしまい、エンジントラブルのもとを作ってしまいますので、排気側にアクチュエーターというパーツを付けて、ブースト圧をコントロールしているのです。

動画では、このブースト圧を任意で調整できるブーストコントローラーや、ターボタイマーなども解説されていますので、ターボの仕組みを知っている方もおさらいのつもりで見てくださいね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事