今、シビック タイプRに国産車のライバルはいない!?市場独占か!?

歴代シビック タイプRの紹介

初代シビック タイプR

●初代 (1997年~2001年) 178〜231万円

1.6L 直列4気筒 DOHCに VTECを追加し、最高出力185ps/8,200rpmを発生。

専用チューニングのサスペンション、トルク感応型ヘリカルLSD、大径ディスクローター、パフォーマンスロッド、専用ABS、各種エアロパーツ、レカロ製バケットシート、モモ製ステアリング(SRSエアバッグ付き)、チタン製シフトノブ、ポテンザRE010タイヤなどを標準装備しています。

シビックタイプR EP3

●2代目(2001年~2005年) 222〜255万円

UKホンダで生産された3ドアハッチバックボディに、2.0L直列4気筒DOHC エンジンを搭載。このエンジンは、従来のVTECに加え、エンジン負荷に応じて吸気バルブタイミングの位相を連続的に制御するVTCを組み合わせ、最高出力215ps、最大トルク202Nm(20.6kgm)を発生しています。

トランスミッションは、クロスレシオの6速MTで、ショートストロークのシフトを採用。アルミ製シフトノブはインパネに配置し、レカロ製バケットシート、モモ製ステアリングホイール、リミテッド・スリップ・デフ(LSD)などを装備しています。

3代目シビック タイプR

●3代目セダン(2007年~2010年) 284万円

歴代FFタイプR史上最速を目標に開発。エンジンは2代目と同じK20A型 2.0L 直列4気筒 DOHC i-VTEC。最高出力は、225ps/8,000rpmとなり、18インチタイヤは専用コンパウンドのPOTENZA RE-070を、シートはレカロでは無く、新たにホンダオリジナルのRspecシートを採用しています。


●3代目ハッチバック FN2型(2007〜2012年) 298〜300万円

エンジンは、セダンと同じK20Z型 2.0L 直列4気筒 DOHC i-VTECですが、最高出力は201ps/7,800rpmに。「TYPE R」と「TYPE R GT」の2グレードが用意され、上級グレードの「TYPE R GT」は運転席・助手席を独立させた温度調整可能なエアコン、クルーズコントロール、カーテンエアバッグなどを装備しています。

4代目シビック タイプR

●4代目(2015年~2016年)

750台限定。新設計の2.0L直列4気筒 VTECターボエンジンを搭載。最高出力310ps、最大トルク400Nm(40.8kgm)を発揮。6速MTとの組み合わせで0-100km/hの加速は5.7秒、最高速度は270km/hと歴代シビック タイプR史上最高の走行性能を誇っています。

750台という台数は、シビックタイプRがFF車両最高速を更新したニュルブルクリンク北コースにおけるタイム7分50秒63に由来したものです。

次ページシビック タイプRのライバルは国産車にはいない?

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事