輸入ミニバンにあって、国産ミニバンにない装備とは?

ドライバーを監視「疲労検知システム」

疲労検知システム

「疲労検知システム」は、フォルクスワーゲンをはじめ欧州車では比較的よく見られる装備です。

居眠り運転や散漫運転を防止するシステムで、疲労や眠気によって急なステアリング操作などをした場合、通常の運転パターンと異なる動きであると検知して、ドライバーに警告、休憩を促してくれます。(※状況によっては検知できない場合もあり)

車が人を労わってくれる優しさ溢れる装備は、国境を越えてドライブできるヨーロッパで研究・開発が進められてきた装備のひとつで、ドイツでは新車の1/4以上が同様のシステムを装備していると言います。

そう遠くない内に国産ミニバンにも装備されるのではないでしょうか。

次ページ走行性能も重視「FR駆動方式」

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事