トヨタ クラウン(クロスオーバー)の維持費はどれくらい?新車購入から初回車検までにかかる費用は約97万円【プロ徹底解説】

クラウン

※この記事には広告が含まれます

クラウン(クロスオーバー)を所有すると、その維持費はどれだけのものになるのでしょうか? 新車購入で納車された後から、最初の車検がくるまでの3年の間、税金、保険、メンテナンス費用は、どれだけかかるのかを計算してみました。

文・鈴木 ケンイチ/写真・PBKK

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ
Chapter
維持費の内訳は税金と保険、燃料費、そしてメンテナンス費用
排気量ごとに毎年課せられる自動車税
車と加入者の条件で変化する任意保険料金
燃費性能に左右されるのが燃料費
メンテナンス費用
総額はいくら

維持費の内訳は税金と保険、燃料費、そしてメンテナンス費用

車を所有すると、必要になる費用にはどのようなものがあるのでしょうか。ざっと挙げれば、税金、保険、そして燃料費、最後にメンテナンス費用です。税金と保険は、ひとつではなく、複数が存在します。

まず、税金では「環境性能割」「自動車重量税」「自動車税種別割」(一般的に「自動車税」とよばれています)が存在しており、車を買うときには、その支払いに「消費税」もかかります。このうち、新車購入時に課せられる税金は「環境性能割」「自動車重量税」「消費税」の3つ。また、「自動車重量税」は、車検ごとにも課せられます。

そして、新車購入した後、車検までの間の3年間は、毎年、「自動車税」を支払います。つまり、購入後から車検までの間の税金は「自動車税」だけとなります。
保険は2つあります。ひとつは法律で加入が義務づけられている「自賠責保険」。もうひとつは、任意で加入する保険会社の「自動車保険」です。任意で加入するため、一般的には「任意保険」と呼ばれています。ただし、“任意”といえども、万一、交通事故を起こしてしまうと、その賠償金を「自賠責保険」だけでカバーするのは難しいため、現実には「任意保険」の加入も必須となっています。必ず、「任意保険」に加入してください。
燃料費は、走行距離が伸びるほど、費用がかさみます。どれだけの費用になるのかは、車の燃費性能によって左右されます。

メンテナンスは、法律で定められた法定点検と、オイルなど消耗品の交換にかかる費用です。最近は、ディーラーが用意する、先払いとするかわりに割安となるメンテナンスパックというサービスが人気となっています。

排気量ごとに毎年課せられる自動車税

「自動車税」は、毎年支払う税金です。毎年4月1日に車のオーナーとなっている人に請求書が届きます。国税ではなく、地方税なので、在住している自治体から請求書が送られてきます。税額は、エンジンの排気量ごとに定められています。

クラウン(クロスオーバー)の場合、2.5リッター(2487㏄)のハイブリッドと2.4リッター(2393cc)のハイブリッドの2種類があります。その区分は、どちらも「2リットル超~2.5リットル以下」に入ります。税額は4万3500円。これが3年分となるので、トータルで「自動車税」は13万500円が必要となります。

車と加入者の条件で変化する任意保険料金

加入が義務付けられている「自賠責保険」は新車購入時と、車検時に加入します。そのため、新車購入の後、車検までの間に加入するのは1年ごとに掛ける「任意保険」となります。「任意保険」は、さまざまな保険会社が用意しており、その内容もユーザーが自由に選ぶことができます。また、同じ補償でも、車や加入する人の年齢などの条件によって、保険料は異なります。そのため厳密な任意保険の費用は、人それぞれとなるので、ここでの数字はあくまでも目安と理解してください。
今回は、クラウン(クロスオーバー)の2.5リッターハイブリッドを、25歳の人が、初めて購入する車として、車両保険も含めて、ネット保険で見積もりを取ってみました。すると、保険額は6万150円、車両保険が12万9860円、合計で19万0010円となりました。「任意保険」は、事故なく過ごせば、2年目、3年目と保険料は割引となりますが、今回は目安ということで、割引なしで計算すると、3年分で57万30円となります。

燃費性能に左右されるのが燃料費

燃料費は、車の持っている燃費性能次第となります。クラウン(クロスオーバー)のメインとなる2.5リッターのハイブリッドの燃費性能は、22.4km/l(WLTCモード)です。その場合、1年間に1万㎞を走行するのに必要となるガソリンは約446.4リッター。ガソリン価格を1リッター160円で計算すると、446.4リッターのガソリン代は7万1424円。それが3年間となると21万4272円。これが3年間の燃料費となります。

メンテナンス費用

車には法律で定められた定期点検が必要です。また、走行距離ごとにオイル交換などの消耗品の交換も必要となります。そうしたメンテナンス費用の目安となるのが、近年、人気を集めているディーラーのメンテナンスパックです。

これはディーラーごとに用意するサービスで、最初に一括で支払うかわりに、トータルの費用を安くするというもの。店ごとに価格は異なりますが、クラウン(クロスオーバー)の場合、とあるディーラーでは、3年間の車検までの間のメンテナンス費用として6万2000円を提示していました。つまり、3年間のメンテナンスは6万2000円となります。

総額はいくら

以上のように求めた維持費をプラスすると以下のようになります。

「クラウン(クロスオーバー)」の場合
自動車税:13万500円
任意保険料:57万30円
燃料費(ガソリン代金):21万4272円
メンテナンス費用:6万2000円

合計:97万6802円
クラウン(クロスオーバー)の3年間の維持費は、97万6802円となりました。この中で、大きなウエイトを占めているのが、年間約13万円にもなる車両保険でしょう。トヨタのフラッグシップということで、車両保険が高くなるのは仕方のないことかもしれません。
【お得情報あり】CarMe & CARPRIMEのLINEに登録する

商品詳細