Dが足りない!? メルセデスのDクラスは、今後も誕生しないのか?

メルセデスにも存在するグレードヒエラルキーのわかりやすさ

メルセデス Cクラス カブリオレ

メルセデスのエントリーグレードはAクラスから。こうしたアルファベットによるグレードネームは非常にわかりやすく、実際それぞれのクラスのキャラクターを示すものとなっています。

そもそもメルセデスのグレードは、C、E、Sの3車型で構成されていました。

Cクラスは「Dセグメント」セダンが主体となっており、メルセデスの主力グレードともいえる存在です。このCは「compacrt」を意味しているともいわれています。(もっともドイツ語だとkompaktという綴りですが…)

そしてEクラスは「executive」、Sクラスは「Special(ドイツ語ではSonder)」といった意味合いからといわれています。そこに1997年に追加されたのが、エントリーモデルの「Aクラス」で、2005年に誕生した「Bクラス」はAとCの間を埋める車種となっています。

ちなみに「Vクラス」は、メルセデスが商用バンとして生産していたVitoという名前が元。また頑強なアピアランスのGクラスは「Gelande Wagen」という名称があり、悪路を走破する、という意味合いが込められています。

そこで気になるのが、CとEの間にあるべきD。「Dクラス」なるグレードが存在しておりませんね。

次ページ今後「Dクラス」はメルセデスから登場しないのだろうか?

この記事をシェアする

最新記事