ターボ車から聞こえる"ヒュルルル音"この音を鳴らす理由とデメリットは!?

全てブローオフ音と勘違いしがちな、いろいろな音

全開走行しているターボ車からは、いろいろな音が流れてきます。

アクセルを踏んだり戻したり、さまざまなタイミングでいろいろな音がしますが、「ブローオフバルブ」という機構が一般的に一番よく知られているようで、全てをブローオフ音と解釈しがちです。

しかし、実際にはアクセルONで負荷をかけて思い切りタービンが回っている時は、いかにもタービンらしく、ブースト圧の上昇に合わせて「ヒュイーン」だったり「キーン」という音がしてきます。これがもっと負荷がかかると、「シュゴー!」という音になるわけですが、これは排気側でブースト圧が上がり過ぎないように制御するウエストゲートをつけている車種でよく発生する音です。

一方、アクセルOFFで起きる音にも二種類あります。

アクセルを戻すまではブースト圧がかかっているので、それがタービンに逆流して負担をかけないようにするのがブローオフバルブです。低負荷だと「キシュー」や「プシュー」と聞こえますが、純正ではなくアフターパーツによっては演出で音を鳴らすようにして「プシュー!」と派手な音をさせているものもあるんです。

ただ、瞬間的にブースト圧を逃がすのは次にブーストをかける時のタイムラグにも繋がるもので、あえてブローオフを殺したり、あるいは極端にブースト圧の高いタービンだとブローオフで圧を逃がしきれずに結局タービンまでブースト圧が戻ってきます。

その時の音が「バックタービン」音で、低負荷だと「シュルルル」、高負荷だと「パシュルルル」という音がします。

どの方式でも大気開放は御法度

ブローオフバルブやウエストゲート式で注意しなければいけないのが大気開放で、純正採用されているものなら問題ありませんが、社外品では大気開放すると車検に通りません。

純正ブローオフバルブなどは大気開放していませんし、ウエストゲートも大気開放ではなく触媒の手前までタービンにいかせずバイパスさせる方法もあります。

また、バックタービンもそれに対応した加工を施したりタービン羽根を強化したものであれば良いのですが、容量の少ないタービンで強烈なブースト圧をかけて、それを一気に吹き戻させるとタービンの寿命が短くなります。

どの方式でも容量の限界というのがあるので、単純にエンジンやタービンの寿命だけを考えれば思い切り派手な音を立てながら大気開放するのが一番ではありますが、単純に車検に通らないだけではなく、車検対応車種でしか出場できない競技会や走行会では参加を断られる時もあるのです。

いわばマフラーの音量なんかと同じで、過ぎたるは及ばざるごとしという事ですね。

特に最近のJAF公認競技会の類ですと、盛大な吸気音はするものの、アクセルOFF時の「プシュー!」「プッシャアア!」といったブローOFF音や、派手なウエストゲート音はしないのが普通で、マフラーがノーマルのカテゴリーも多い事から、法律順守のためとはいえ少し寂しいというのが正直なところです。

簡単にバックタービン音を鳴らすには?

その中でもバックタービン音の「パシュルルル」「ヒュルルル」という音は今でも純正でアクチュエーターの調整による機械式、または純正車載コンピューターの設定でブーストを変更できる車種であれば、派手に鳴ります。

メリットは、性能的にはブローオフバルブに比べればブーストの立ち上がりがやや良くなるくらいですが、「音による演出」の側面の方が大きいですね。

さりげなく速いというのも良いのですが、「特別なクルマに乗っている」ですとか「スポーツカーに乗っている」というような気分的な演出は、スポーツ走行での重要な楽しみのひとつです。

先にも書いたようにヤワなタービンだと寿命が短くなってしまうデメリットはありますが、それでもやめられないものって、ありますよね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事