結局のところ『車高の低い車』のメリットは何がある?またデメリットは?

「車高の低いクルマ」には二種類ある

まず車高を低くするためにローダウンサスや車高調を組んでいるクルマですが、その目的は2種類あります。

ひとつは「性能の追求」で、車高を下げる事によって重心を下げ、コーナリング性能を上げるために車高を下げるパターン。

単純に重心が下がればいいというものではないので、性能を上げる目的のはずが、かえって性能低下を招いてしまうケースもありますが、一応下げた本人としては性能アップを目的としているのでこの範疇に含めます。

また、車高を下げると共にサスペンションを固めてステアリングを切った時のレスポンス向上を狙うのも、性能を追求したパターンに含まれるでしょう。

そしてもうひとつが「スタイル」で、純粋にドレスアップ目的の場合です。

性能よりもとにかく見た目のために車高を下げますので、理屈では説明できない車高になっていますが、車高を下げる事自体が目的なので、特に問題にはなりません。

また、車高を限界まで下げる事であえて路面と接触させて火花を散らせるようなスタイルもありますので、周囲へのアピールを増すためなら何でもアリです。

車高を下げるとともに、タイヤのキャンバーを限界までつけたりするので、いわゆるハの字タイヤもセットの印象ですね。

車高を下げるメリットは見栄えと低重心

車高を下げる目的が二種類ならメリットも二種類となりますが、まず性能面から見た場合には前述のように重心が下がります。

正確には車高を下げる事で、コーナーを曲がる時などに車両の傾く=ロールの中心、「ロールセンター」が下がるということです。

路面に対しての位置が下がるだけで、車体の中でのロールセンターが変わるわけではありませんが、重心位置が下がるだけでコーナリング時の安定感は増していきますので、その意味では車高を下げるメリットは大いにあります。

また、ドレスアップ目的の場合には「とにかく車高が低ければ低いほどエライ」という事になるので、車高が低い事自体がメリット。

この場合は最低地上高が低ければ低いほどエライ、という事も条件なので、車高が下がりきらない場合は、サイドストーンガードやアンダースポイラーなどを追加して、視覚的に路面ギリギリを狙います。

昔だとタバコのショートホープがよく最低地上高の尺度に用いられたもので、「ショッポ(ショートホープ)が入らないくらい車高が低い!」などと感心されたりしたものでした。

そこまですると路面との接触を避けるためにはサスを相当固めないといけませんが、あえて柔らかいサスのままで路面と接触させ、レーシングカーのような火花を発生させられればさらにウケるという事で、これもドレスアップ目的で車高を下げる時のメリットになるでしょう。

次ページクルマとして考えた場合のデメリットは多い

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事