R35GT-Rの加速映像も!ローンチコントロールのメリット・デメリットとは?

【動画】ローンチコントロールを使ったR35GT-Rの加速!!

ローンチコントロールの必要性

エンジン・トランスミッションの性能向上で、大パワー・トルクを誇るクルマが増えてきました。日本においても280馬力までといった自主規制を撤廃したモデルが現れて久しいといえます。

こうした大パワーでも扱うのは人間です。しかし残念ながらすべてのドライバーがその出力を制御できるスキルを持っているわけではありません。そこで必要になってくるのが、電子制御デバイスによる「調教」といえるでしょう。ローンチコントロールもそうした装備の一つです。

時速0キロ~の発進時、非常に大きな負担がクルマにかかります。エンジン、タイヤ、ミッション、クラッチ…。かつてのマニュアル車であれば、ドライバーのスキルが非常に問われる瞬間でした。実際、F1やレースシーンでもスタートで失敗する一流ドライバーを多々見てきた事と思います。適切な回転数、クラッチミートのタイミング、そのすべてがベストでなければ良いスタートはきれないといえますよね。

これを、機械が最適化して私達の代わりにやってくれるわけです。ましてや現在はDCTといったセミオートマが発達しています。それ故に、どんなドライバーでも、ただアクセルを全開にすればカタログ数値に近い0-100加速等を体験できる、というわけです。当然、スキル不足のドライバーがマニュアル操作をするよりも「遥かに安全で速い」と言えますよね。

また、スポーツカーに搭載されているローンチコントロールは、当然スポーツ走行用のデバイスです。公道で使うべき機能でないため、「設定する」必要があります。車種によってこの設定方法は様々です。

ローンチコントロール設定時間も含めたバトル!!

海外の動画で、このローンチコントロールのテストを行ったものがありました。ただの加速勝負ではなく、「ローンチコントロールを解除する」プロセスからスタートする、といった面白い勝負。

車種はメルセデス C63 AMG、BMW M4、ポルシェ911カレラ4GTS、とフォルクスワーゲン ポロが登場。ポロにはローンチコントロールがないのでそのままスタートしますが、他のスポーツカーは「解除」しなければなりませんから、一筋縄ではいかないレースとなっていますね。

F1等で禁止だったローンチコントロール…

強烈で非日常的な加速が「誰でも」できてしまうローンチコントロール。それ故に、公道ではあまり使ってくれるな、というメーカーサイドの親心?でしょうか。

F1においては電子デバイスは禁止にされるケースが多く、このローンチコントロールも禁止事項となっているようです。確かに機械制御の性能ですべて決まってしまいますから、ドライバビリティは介在しないものになってしまします…。

ハンドルを握るのは…

ローンチコントロールをはじめとした現在のこうしたハイテクデバイスは、「誰もが安全に、クルマの性能を享受できる」素晴らしい技術であると思います。他方で過度の介入は、クルマを手足のように扱う楽しさ、ドライビングプレジャーを損なってしまう部分もあろうと思います。ゆえにシンプルなクルマも愛されることが多いですよね。

しかしこの先も技術は進歩を続けるでしょうから、「感性に訴える」ほどの電子制御もこの先可能になるのではないでしょうか…。いずれにせよ、安全で楽しく、クルマに乗れれば、それが最高ですよね。

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事