かつてラインナップが豊富だったMT車…運転の練習に向いている車は?

ドライバーを育てる、そんなクルマは…

ランドクルーザー200 運転 車内 ドライブ

”運転が上手い”と一言で言っても、さまざまな考え方ができます。

たとえば公道でスムーズかつ安全に走るという観点からいえば、交通の先を読んだり、周囲の状況を常に把握して行動できる、ということが重要なスキルですし、”運転が上手い”と言われる要素です。もちろんこれは、クルマを走らせる上での基本的な「走る、曲がる、止まる」のスキルがしっかりあってこその話。

しかし昨今の日本は、若者のクルマ離れや、維持費がかかるなどを要因に増加中のカーシェアリング等、クルマを取り巻く環境が変化しつつあります。そうしてクルマを運転する機会が減り、自分のクルマを持たないドライバーは、なかなかドライビングスキルを磨く機会に恵まれない、といえる状況になっています。

これは、トランスミッションにも影響し、80年代~90年代はカタログランナップには、マニュアルミッション車が必ずあり、MT車選びに悩むことはありませんでしたが、2017年3月現在は、AT機構の進化にともない、MT車は駆逐されてしまいました。

とくに小排気量エンジン車にCVTが台頭してきた頃あたりから、マニュアル車が徐々に姿を消していったのは周知の通りです。

どんな車種がスキルアップ向けなのか?

クルマの運転も、ある種のアクティビティ。やはり上達したい!という方もいるかと思いますし、そうした方にはぜひドライバーを育てるマニュアル車に乗って欲しいと考えます。

まずボディは、小型なクルマが望ましいです。小型であることは軽量であることに関係しているため、車体の挙動コントロールがしやすくなります。何より、小型車は乗りやすいのです。

5ナンバーサイズで、車重は1tほど。具体的にいえば、軽自動車~1.5Lクラスまでのクルマが理想です。この排気量であれば、自動車税も比較的安いので、セカンドカーとしての活用というのも視野にいれて良いかもしれませんね。

次ページ具体的にはどんな車種があるか…?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事