トヨタ2000GTが現代版仕様で復活!1680万円で買える2000GTとは?

現代に思わぬカタチで蘇ったトヨタ 2000GT…

トヨタ 2000GT

愛知県岡崎市に拠点を置く「ロッキーオート」は、旧車ファンの間では有名なショップです。フェアレディZ、ハコスカ、ケンメリのレストアや、RBエンジンの旧車へのスワップなど、斬新なレストア・カスタムの手法でも知られています。

そんなロッキーオートが発表したのが、現代版トヨタ2000GTといえる「2000GT RHV」です。今回のモデルは文字通り現代のスポーツカーとして、甦らせることが目的。社長の渡辺喜也氏肝入りのプロジェクトだったそうです。

そのパワーユニットには、トヨタのハイブリッドエンジンを搭載、燃費はアクアを超えた41.1km/lを実現しました。

当時の開発者のこだわりの再現率

驚くのは、実車のボディを細部パーツに至るまで、くまなく3D測定し(それも複数の個体の測定値から平均値を取り出したそう)、正確なデータを作成して当時の美しくエレガントなデザインを精密に再現したということ。

実作業は、当時開発に携わったトヨタ関係者のアドバイスを得ながら進められました。その関係者の中には、開発メンバーの一人だった細谷四方洋(しほみ)氏も含まれ、彼の強い要望で、あのボディデザインを徹底的に再現するに至ったのだそうです。そういう意味では「筋の通った」リバイバルモデルといえますね。

エンジンにはアクア用「THS-II」ハイブリッドエンジン搭載

美しいボディを再現をする一方で、パワートレインにはアクアに搭載されている「THS-II」ハイブリッドシステムを採用しています。

2000GTにハイブリッド?と訝しく感じられる方もおられるでしょうし、賛否もあるかと思いますが、ロッキーオートのカスタムマシンのコンセプトを踏まえると、理解できるのではないでしょうか。これは「現代のトヨタ2000GT」である、そう高らかに宣言しているわけなのです。

レプリカとはいえ当時の開発者が監修しているという「お墨付きレプリカ」。問い合わせが殺到したようです。

本物が1億円クラスなのに対して、ハイブリッドの「2000GT RHV」が1680万円~、また直6モデル「R3000GT」が1980万円~なので、十分高額ではありますが、本気でトヨタ2000GTの購入を検討している方には選択肢が増えた、といえるのではないでしょうか。

2000GTの驚きの燃費の理由とは

さて2000GT RHVの性能に話を戻すと、やはり燃費について述べなければなりません。

パワーユニットを流用したアクアの燃費がJC08モードで37.0km/Lに対して、2000GT RHVはロッキーオートのテストで41.1km/lをマークしたそうです。

テストを行った条件がメーカーのJC08モードと違うことは予想されますが、アクアより確実に燃費は向上しているようです。その理由は、2000GT元来の非常に優れた“空力特性”と“軽量ボディ”が挙げられます。

アクアも車両重量1,080kgと、現代のクルマでは非常に軽量ですが、2000GT RHVは970kgとアクアよりさらに110kgのダイエットをしております。

エンジンが74馬力、モーターが61馬力、システム出力としては100馬力、という正直非力なハイブリッドエンジンだけに、110kgの重量差が大きく影響しているのでしょう。

また、最高速テストでは220km/hをマーク。これも空力特性の素晴らしさを示していると言えますね。こうした特性が、結果的に燃費の素晴らしさにも繋がったと考えられます。

唯一、アクアのユニットを使っているため、駆動方式が前輪駆動、という事が気になる点ですが、これも”現代のハイブリッドスポーツカー“と割り切れば、受け入れられるのではないでしょうか?

それでも納得がいかないというオールドファンには、2JZ-GE直6エンジンを搭載した「R3000GT」が用意されています。こちらは、2017年の東京オートサロンで、ボンドカーを再現したオープンモデルも発表されました。こだわりのオールドファンには、そちらをおすすめします。

次ページ2000GT RHVとオリジナルのスペックを比較!

この記事をシェアする

最新記事