トヨタ2000GTが現代版仕様で復活!1680万円で買える2000GT…その正体とは?

現代に「思わぬカタチで」蘇ったトヨタ2000GT…

愛知県岡崎市に拠点を置く「ロッキーオート」、記事でも何度も紹介されているように、旧車ファンの間では有名な存在のショップです。フェアレディZ、ハコスカ、ケンメリのレスチアや、現代のRBエンジンを搭載したモデルの開発など、斬新なレストア・カスタムの手法でも知られています。

そんなロッキーオートが発表したのが、現代版トヨタ2000GT、といえる「2000GT RHV」です。古い個体をレストアした実績もある同社ですが、今回のモデルは文字通り現代のマシンとして「甦らせる」事。社長の渡辺喜也氏肝入りのプロジェクトだったそうです。

なんと、パワーユニットにはトヨタの「ハイブリッドエンジン」が搭載、燃費が「アクア」を超えた41.1km/lを実現してしまっているのです。

当時の開発者も関わった、「こだわりの再現率」

実車のボディを細部パーツに至るまでくまなく3D測定(それも複数の個体の測定値から平均値を取り出したそう)、正確なボディデータを作成して当時のあの美しくエレガントなデザインを精密に再現するこだわりを見せています。

驚くのは、当時開発に携わったトヨタ関係者のアドバイスを得ながら作業が進められていたという事。その開発メンバーの一人だった細谷四方洋(しほみ)氏の強い要望で、あのボディ・デザインを徹底的に再現するに至ったのだそうです。そういう意味では「筋の通った」リバイバルモデルといえます。

エンジンにはアクア用「THS-II」ハイブリッドエンジン搭載

またそうした当時の開発者とボディ再現をする一方で、パワートレインには現代の「ハイブリッドシステム」を採用しているのです。これにはアクアに搭載の「THS-II」利用しています。

2000GTにハイブリッド?と訝しく思う方もおられるでしょうし、賛否あろうと思いますが、ロッキーオートのカスタムマシンのコンセプトを踏まえると、理解できるのではないでしょうか。これは「現代のトヨタ2000GT」である、そう高らかに宣言しているわけなのです。

また、この再現したボディに「2JZ-GE」直6エンジンを搭載したモデルも発表していますから、オールドファンも溜飲を下げた事でしょう。今後、インジェクション仕様やターボ仕様も開発を進めるようです。レプリカとはいえ当時の開発者が監修しているという「お墨付きレプリカ」…すでに問い合わせが殺到しているようです。

本物が「1億円」クラスなのに対して、前述のハイブリッド「2000GT RHV」が1680万円~、また直6モデルが1980万円~、となっています。十分高額ではありますが、本気でトヨタ2000GTの購入を検討している方には選択肢が増えた、といえるのではないでしょうか。

驚きの燃費の理由とは…

さて2000GT RHVの性能について触れると、やはり「燃費」が挙げられますね。アクアの燃費がJC08モードで37.0km/lとなっていますが、2000GT RHVはロッキーオートのテストで41.1km/lをマークしたそうです。もちろんテストの条件がメーカーのJC08モードと違うかもしれませんが、確実にアクアより燃費は向上していると断言できます。その理由は、2000GT元来の非常に優れた「空力特性」と「軽量ボディ」が挙げられます。

アクアも車両重量1080kgと、現代のクルマでは非常に軽量な設計になっていますが、2000GT RHVは970kgとアクアよりさらに110kgのダイエットをしております。

エンジンが74馬力、モーターが61馬力、システム出力としては100馬力、という正直非力なハイブリッドエンジンですが、最高速テストでは2000GT RHVが220キロをマークしたそうです。これも空力特性の素晴らしさを示していると言えますね。こうした特性が、結果的に燃費の素晴らしさにも繋がったと考えます。

唯一、引っかかるところがあるとすれば、やはり前輪駆動、という事でしょうか…。あくまで現代版モデルのハイブリッドスポーツである、と受け入れられるかどうかで評価が変わってくるのかもしれません。

2000GT RHVとオリジナルのスペック比較、走行動画

■オリジナルトヨタ2000GT スペック
全長x全幅x全高(mm): 4175x1400x1160  
車両重量: 1120kg
エンジン: 1988cc、直列6気筒DOHC
最高出力: 150ps/6600回転
最大トルク: 18.0kg.m/5000回転 110.8Nm(11.3kg.m)/3600回転
駆動方式: 後輪駆動
トランスミッション: 5MT / 3AT

■2000GT RHV スペック
全長x全幅x全高(mm) 4150x1600x1120
車両重量: 970kg
エンジン: 1496cc、ハイブリッド1NZ-FEX型エンジン
最高出力: システム合計73kW(100ps)
エンジン54.4kW(74ps) 4800rpm/ モーター45kW(61ps)
最大トルク: 110.8Nm(11.3kg.m) 3600rpm/ モーター169Nm(17.2kgm)
駆動方式: 前輪駆動
トランスミッション: CVT

2000GTの中古価格や中古市場について

希少価値の高いスペシャリティーカーなので、中古相場は驚くほど高い価格で取引されます。

一般的な中古車情報サイトには登場することはほぼ無いと言っても良いトヨタ 2000GTですが、程度の抜群に良いもので中古価格は1億円を超え、状態が悪くても最安値で中古価格2000万円程はするレベルの車です。

最安値の車両を購入しレストアし完璧に仕上げることが出来れば倍近い中古価格で取引することもできます。

2000GTはとても希少価値の高い車両で、値引きは無いでしょう。それだけ希少価値の高い車なので、値引きをしなくても中古市場に出てくるとすぐに売れてしまうだけでなく、オークション形式だとさらに高値が付くこともあります。

それだけ、中古相場が高くなった理由として挙げられるのは生産台数が337台のみであり、内装はヤマハが楽器の木材加工にも使用するような高い技術によって作られた特別仕様であるためです。また、当時のトヨタでは唯一スポーツカー部門の車であり、エンジンもとても高い技術を持って製作されたことも挙げられます。

もし2000GTを保有できずとも乗ることが出来れば夢のようなことです。一生かけても街中で走っている姿を見ることはないかもしれない超レアカーと言えるでしょう。

2000GT
トヨタ | 2000GT
応談
年式:1968年
走行距離:7.3万km
詳細を見る
2000GT
トヨタ | 2000GT
応談
年式:1968年
走行距離:7.2万km
詳細を見る

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事