生産台数9台のみ?"2300cc"エンジンを積む幻の"トヨタ 2000GT"とは?

言わずと知れた日本を代表するスポーツカー、トヨタ2000GT。現在では稀少性から超プレミアムカーになっているのは、周知のとおりです。この2000GTには、販売されなかった2300ccモデルが数台あるそうです。試作しておきながら、販売には至らなかったウラには、どういう事情があったのでしょう。

Chapter
トヨタ2300GTとは?
ヤマハとの奇妙な?関係
幻の2300ccエンジンの正体とは
何故「幻」となってしまったのか…
高嶺の花であり続ける2000GT…

トヨタ2300GTとは?

トヨタ2000GTの生産台数は337台で、うち国内販売が218台、日本国内に現存しているのは100台前後とも言われています。それゆえに、状態の良いものは1億円のプライスが付くほどで、文句なしのプレミアム・ヒストリックカーとなっています。

1967年に発売され、1970年に生産を終了したトヨタ2000GTのエンジンは、すべて直列6気筒DOHCの2.0L。しかし、数台のみ2.3Lエンジンを搭載したモデルが存在していたのです。その名も「トヨタ2300GT」。 

ただでさえレアな2000GTに、さらにレアなモデルいうことになりますが、一体どんな理由から作られたのでしょう?

次ページ
ヤマハとの奇妙な?関係