車のエンジン警告ランプが点灯したらどうすべき?その原因は?

代表的な警告ランプ

警告ランプ

自動車のエンジンにはさまざまなセンサーが付いており、走行中もECU(エンジンコントロールユニット)が監視しています。そして、何かしらのトラブルが起きると警告ランプが点灯して知らせてくれるのです。

しかし、その警告ランプの意味することを知らなければ、ただただ慌てるだけでしょう。少々、キツイ表現ですが、それは宝の持ち腐れです。そんなときに慌てないため、比較的ありがちなトラブルを紹介しましょう。

O2センサー

ガソリン車についている部品で、排ガス中の酸素濃度を検知しています。その数値から、エンジンが正常に働いているか、シリンダー内で異常燃焼していないか?というヘルスチェックのようなことを行っています。

O2センサーの点灯には、大きく2つがあります。

ひとつは、エンジンの燃焼状態が良くない場合。燃焼状態が良くない原因としては、オイル交換などのメンテナンスが不十分、エアクリーナーが目詰まりしていてエアーをきちんと吸えていない、インジェクターの不具合、燃料に不純物がある場合など、さまざまです。早めにディーラーで点検してもらうことをおすすめします。

もう一つは、センサー故障もあります。排気管の途中に設置されるため、排気ガスによって汚れるなど、センサー自体の故障も多いパーツです。指定の燃料をきちんと入れて、メンテナンスもきちんとしている場合であれば、センサー故障を疑うのがいいかもしれません。

エアフロセンサー

エアフロセンサーは、吸入空気量を計測しているセンサーです。

現在走っている多くの車は、空気の流入量や湿度、吸気温度などを計測して、そのときに最適な燃料の量を決めています。つまり、このセンサーが壊れると、エンジンが取り入れる空気の流入量が分からず、燃料の量が多すぎたり、少なすぎたりして、燃費の悪化やエンジンの不調につながります。

トラブルの主な原因は、エアクリーナーのメンテナンス不足や、純正ではないエアクリーナーの場合であれば、湿式と呼ばれる油分を含ませたエアクリーナーを使ったことで、油分がセンサーに付着して誤作動を起こす、さらには経年の汚れなどがあります。

次ページいまだによくあるオーバーヒートの原因とは?

この記事をシェアする

最新記事